君だけが哲学

大倉忠義ちゃんを応援する夢見る変態さんのブログ

ジャムツアー及び2017年及び人生を振り返る。

ジャムツアーお疲れ様でーしーたー!

てことで、今回は個人的な2017年の振り返りブログです💕
だって年末まで忠義ちゃん見れそうにないんだもーん
そんな2017年意味無いからさっさと終わっちまえ!!!!!



ツアーのレポは東京以後Twitterに挙げてtogetterしたのでもう終わりです!
昔は長文で思い出せること全部書いてて、いまだに読み返すとああいうのも楽しいんだけど、なかなか書く時間もないし今はみんな忠義たんのこと書いてくれる人が沢山いらっしゃるのでわたしは諦めますww

で、わたしは今年の1月15日にエイタメが終わってから、


2月12日 横浜BAYSIS
2月19日 渋谷DESEO
3月19日 渋谷DESEO
4月1日 渋谷DESEO
4月2日 渋谷WWW
4月28日 横浜O-SITE
5月12日 渋谷DESEO
5月13日 本八幡Route14
5月14日 横浜BAYSIS
5月17日 Bunkamuraシアターコクーン
5月20日 水戸club sonic
5月21日 新木場
5月27日 グローブ座
5月28日 仙台enn3rd
6月1日 グローブ座
6月4日 名古屋ell.FITS ALL
6月5日 グローブ座
6月10日 神戸マジービート
6月11日 姫路BETA
6月12日 グローブ座
6月15日 グローブ座
6月18日 グローブ座
6月24日 阿倍野ROCK TOWN
6月25日 京都MUSE
6月26日 オリックス劇場
7月15日 札幌ドーム
7月19日 中野サンプラザ
7月21日 京セラドーム
7月22日 京セラドーム
7月23日 京セラドーム
7月27日 国際フォーラム
8月4日 ナゴヤトーム
8月5日 ナゴヤトーム
8月6日 ナゴヤトーム
8月11日 日劇
8月13日 東京ドーム
8月14日 東京ドーム
8月15日 東京ドーム
8月16日 東京ドーム
9月9日 ヤフオク!ドーム
9月10日 ヤフオク!ドーム





ってな感じでした。あーーー最高に楽しかった!!!!!

2月から某バンドの活休を知って一回くらい見とこーと思ったら鬼楽しくて、
そのツアーが蜘蛛女と1日違いでに始まり、
平日はグローブ座土日は地方のライブハウスっていう生活で、
ジャムの大阪前々日に活休前最後のライブが終わって、そこからオーラスまで忠義たん三昧~🐻みたいな💕

んもう最高に楽しかった!
この怒濤の現場続きがいきなりなくなっちゃう虚無感😭

で、仕事は幸いにも基本土日休み定時上がりなのでいいんですけど、
それとは別で、私生活の家族の云々でやらないといけないことがてんこ盛りだったんですが、それもようやく今日で一段落した!!!!!わたしよくやった!!!!!!!(誰も誉めてくれないから自分で言う😍)

トータルすると、多分社会人になってから今までで一番忙しい半年ちょいだったと思うw
学生の時はヲタ活に部活、課題、卒論、就活などと加えてバンギャでヅカヲタだったから全部を両立させるのが普通だったんだけど、、、、
この感じ久しぶりだったなぁw

それが漸く終わる、寂しいようなほっとするような・・・・・・


まぁこれを読んでる人九割九部がエイト担だと思うので、それについて書きますねっ

ツアーが終わったことだけに焦点を当てればそればもちろん寂しい!
ツアーの終りはいつもそう。
前回のエイタメ終わりと違って次の現場が発表されてないし、なんか、ItoUで終わったの、とてもふわっとしてたよね~新曲もバラードだったし。
やっぱりどんなに聞き飽きた曲でもイツマイとか無限大とか急上昇とかがむしゃらとか無責任とかひとつのうたとかやると、あーー終わった!という感じがあるよねw

あとはラストが福岡だったのもいつもと違って不思議な感じ。
大阪終わってダッシュで最終の新幹線に乗って帰宅してジャム見る、みたいなのがパターンになりつつあったんだけど、今回は後泊したのでまったり帰れて良かった!
いつも福岡は正月だからバタバタしてたし初めてまったり楽しめた☺


まぁ、とにかくなんといってもエイト初の夏ドームツアー。
私はずっとSMAPのアルバム引っ提げ夏ドーム通っていたので、その枠をエイトが請け負ったのかなと思うと感慨深いんですよね~。
この「感慨深い」とは何か?
そういうふわっとした単語を突き詰めるブログですこれ!!!!!

何故エイトの話をするよと書いておきながら突然のSMAPネタなんでしょうかね?簡単に言うと酔っ払ってるからですけど!?!!!!

まぁその私が物心ついたときには家族の影響もあって、
当たり前にバラエティ、CM、ドラマ、映画にSMAPが出ていたし、
シングル出せばSMAPが当たり前に1位で、
当たり前にドームでコンサートが行われていたんだけど

その当たり前に「売れている」ポジションに今はデビュー前から見ていたエイトがいて、

奇しくもSMAPのメンバー3人が事務所を退所する日が福岡の1日目で。

私の幼少期に見ていた「当たり前」が如何に当たり前ではなく、
メンバー一人一人の力、ファンの数、その他言葉にしきれない多くの事象が重なって起きた奇跡だったのかがやっとわかったような。
その多くの事象の中には得るものだけではなく失うものもきっと同じくらいあったけど、それも含めた全てがあったからこその「今」なんだと思います。

そう!
そして本編最後の曲の「今」
明るいメロディだけど歌詞は明るいだけじゃなくてどこか切なさがあって、
でもやっとと辿り着いた「今」に留まらず先を見ている、という歌詞がまさに今のエイトにぴったり!!!
我々に未知な世界を見せ続けてくれることがどれほど奇跡に近い素晴らしいことか~!!!!

そしてパンフレットやその他雑誌でジャムのことを「裏テーマがある」と言っていましたが、
青春のすべてのPVとフトコロノカタナを見たときそれは『時間』とか『時の流れ』なんじゃないかなと思って。

私はHeavenly Psychoの「今は未来に向かう道の途中だ」っていう歌詞が初めて聞いたときから大好きなんですけどね、自分が10代のときはそう思って「今は途中だから」とあらゆる苦しみを耐えてきたんですよ。
で、いろんな事柄が良くも悪くも一段落した18才のある日、その時思ってた『未来』に今もう辿り着いちゃったんだなぁって、ふと思ったんだよね~。

で、おんぼろstoryがそのアンサーソングだってついこないだ友達に聞いて
「あの日目指した『未来』が『今』になり」
とエイト自身が歌っていたことを知りました(^_^;)

「いつかは『今』も『未来』も過去になり」
そう、過去になってまた新しい未来が来る。

私を取り巻く環境はめまぐるしく変わったけど、1つだけ変わらないこと、それはずっと忠義ちゃんが好き!

先日「どれみちゃんって好きになってからずっと好きなの?」
とこないだ聞かれたんだけど、
思い返してみたら、好きになってから一度も所謂「冷める」ってことがなくて、なんならいつも「今が『好き』のMAXだなぁ」と思ってもすぐに次にそれを上回ってきて、常に好きの最上級なの~~!!!!!

忠義ちゃんを好きになってから、自分で言うのもなんだけど私の人生ほんとドラマチックで(笑)、
今やっと自分のための人生を歩んで自身に全てを費やせているなぁと実感して人生を謳歌してるんですけどね、
その私自身が歩んでる人生の時間軸と平行してエイトの存在があって、
どんなときでも忠義ちゃんが大好きで、
エイトを応援し続けていられるのってめちゃめちゃ幸せなんだよな~~!
それはエイトが右肩上がりでずっと表舞台に立ち続けてくれるからこそ、好きの自己最高記録が更新し続けられるんだよね❤❤❤


でね、時間の話なんだけど、
Answerとノスタルジアもまさにそれで
同じ関ジャニ∞としていながら、
年上3人と年下4人がそれぞれ見てきたそれぞれの景色はきっと綺麗なだけじゃなく、不和もあって
ただ我々が見るときにはそれぞれの個性としてリンクし、融合し、一体になって中和するんじゃなくて、各々が共鳴しあってとして完成する、、、
そういう関ジャニ∞が!私は!好きなんだよな、と実感した!!!

言葉にするとどうしても軽薄になっちゃうんだけど、
Answerとノスタルジアの歌詞メロディ衣装振り付け立ち位置
そのすべてに意味があるようで何回でもみたいな素晴らしい演出だった・・・・!!!!!!
なんていうなエモいってか、重いよねwww(ダジャレです)


特に三馬鹿って自分を担当としてくれてる人の中には沢山の古株がいるってわかってるよね、だからああいう歌詞が生まれたんだろうなぁ。
一方ノスタルジアはタイトルとは逆で
どちらかというと「(三馬鹿に)ついていく」とか、「仲間たちと歩んできた」という、周りではなくてより自身の定めた前方の視界に重きを置いた感じがしてた。
その前を見る姿勢が好きなんだけどね~

あ、マルは
「あの頃思い出してんの?その目の中に映ってる僕らは、変わったかなぁ?」
って言ってくらいだしやはりその辺の良い中庸っぽさも持ち合わせてるのかもね
その中庸が時に危ういので見てるこっちはドキドキするけどw

自担は勉で「ファンのことを大切に出来てるかなぁ?」と自身に(半ばネタで)問いかけてたくらいなので、暫くはそんな言葉聞けなさそうかなw
だって過去をスタートと捉えることはなさそうだから、今からしか有り得ないから時間がかかりそうって勝手に思ってるw
とにかく自担には卑下するばかりではなくて昔から応援してる人もたーくさんいるんだよってことをもっと知ってほしいなって思うのよ!!!

まぁ途中から完全に個人的な思いを書き連ねてしまいましたがw

全て含めて、バンド、ダンス問わずメッセージ性の強さや表現力が今のエイトの武器なのでしょう!
それは演出の技術や周りのプロの力は勿論、
それだけでは作れない、メンバー本人たちの人柄やストーリー性がまるごと、人を惹き付けて離さないエンターテインメイントだから!
これぞ関ジャニ's エイターテインメントですな、はいまとまった~



あとねあとね!!!
やっぱり現場があるとお友だちが増えるよね!
特に同担大好きな私は自担ソロの現場は増える傾向にあるので、
蜘蛛女のキスでたくさんのお友だちに会えて、そんな子たちとツアー一緒に入ったり地方で遊んで騒げたのほんっっとに楽しかった!!!!
この年でこんなに価値観の合う友達が新しく増えるなんて思わなかったよ~。
引き合わせてくれた忠義たんに感謝🙏

そして今回は約束してないのに偶然会えた!っていうのも多くて、こんなの初めてで地味に感動しているw
京セラのマックでしほんぬに会えたり、東京で愛ちゃんに見つけてもらえたり、
福岡ではゆりちゃんとなつきょんが隣の席に来たり、
予約してるホテルが被ってたり、
天神の駅のトイレであいりちゃんとことねちゃん見つけたり!
それ以外にもこんな私とお約束してわざわざ会ってくださった皆様もありがとーー!!!
ツアーって基本は忠義たんを見に行くものだけど、それと同じレベルくらいお友だちが楽しいっていうのがツアーに行く理由に追加されたなぁと思えたのが、私的に大きいです!
本当に本当にありがと~🙏❤


はやく次の現場発表されないかなわくわく!

変態から見る熱愛報道と、愚痴を言う人への愚痴

自担の熱愛が先週「また」報道された訳なんですけども!

せっかく長文書ける場所があるしそれについて言及します

 

えっと私は夢見る変態なので、自担の女ネタは大好物、言ってしまえばキスシーンじゃ物足りない!激しいベッドシーンをくれ!とか思う人なんですね

 

これを「変態だから」というアホみたいな理由で片付けても良いものなのか、

最近ツアー中であることもあってヲタク友達と会うことも多く、改めてなぜ自分がそんなスタンスになってしまったのかを考えました。(しまったって書いたけど生きやすいので後悔はしてない)

 

一応書いておきますけど以下内容は自己責任で読んでね

多分ついったのフォロワで該当する人そこそこいる気がしてるんですけど、鍵垢でRTして叩かないでね^^

別に「タレントが求めるオーガニック純粋ヲタクでいようね!」って「正しい姿」を定義し促す内容ではないし「顔が可愛いのだからありがたく頂きましょうよ!」と私が言いがちな内容でもありませんが、好きに消化してくださ~~い(^O^)

 

 

 

まず女ネタが許容できてることについて

多分忠義ちゃんを好きになった理由とかきっかけとかが根底にあるんじゃないかなって

私、忠義ちゃんのこと好きになったのが子供の時だったので、

今の年齢から見る年の差って全然余裕で恋愛対象としてありえるんですけど、

その時の年齢から見る「18歳の男の人」って恋愛対象として見るには現実的じゃなくて、「顔が綺麗な憧れの人」って感じだったんだよね。

要は現実の恋愛を知る前に忠義ちゃんを好きになってるってことです。

 

あ、早々にテーマから反れるけど、あの頃子供エイターという言葉があったら私は大声で手を挙げただろうか、いや、挙げないだろうなw

「自分が子どもである」っていうこと自体をコンプレックスに思うようなガキだったので^^;

 

そんなガキが最初にぶち当たった自担の熱愛は某RQSさん

真偽のほどは未だに不明ですが、彼女は今で言う所謂「匂わせブログ」で我らヲタク界隈を賑わせてくれました。

レンジャーでは名前を連想させる単語を出しただけで大荒れ、みたいなw

それはそれで楽しかったよね・・・・あの時期某所で騒いだ大倉担姐さん方・・・まだ大倉担続けてますか・・・・・・

で、私は彼女のブログをめちゃめちゃ監視レベルで見ていたんですが、見れば見るほど大好きになってしまい、携帯の待ち受けにして、当時は電子書籍の流行り始めで、写真集とかオンラインで見たりw

思えば最初に私の美意識が芽生えたのは、もはや彼女がきっかけだったといっても過言ではない!!!

自担と一緒にいるところは正直あまり想像できなかったけど、もはや自担の彼女かどうかなんてどうでも良い、ふつうに可愛い、好き、となったんですね。

なんでブログを見ているうちに好きになったかって、単純に顔がタイプだったのもあるけどはやりこれは自担が恋愛対象ではなかったからなんだと思うね。

この時から「自担の好きなものは私も好きなんだ」と潜在的に染み付いたような気がします。

 

で、間に某美少女戦士も入りますが、あれはグレーゾーンだと思うので割愛w

匂わせっていうかなんだろ、どっちかっていうと配慮がない人だったね^^;

 

やや間が空きますが、次に大きく話題になった某P誌モデルは、RQとは真逆でぜんっっぜん好きになれなかった!(潜在的意識はどこへ)

未だに好きなモデルのブログで一緒に映ってる写真とか見るとブッスだな~~~wと言いたくなるほど嫌いw

それは匂わせがどうこう、その当時の自担がアレだったとかいうのは関係なく顔が好きじゃない!っていうだけけと思いきや、そうではない、この手の派手ギャルは嫌いじゃない寧ろ好き、なんなら後に出てくる人は顔がタイプじゃなくても好きになれてる・・・、

なんだろう、自身の仕事自体を舐めてる?生き方のスタンス自体が嫌い、みたいな

とにかくこのあたりから「ん?自担もしかして女の趣味悪い・・・???」とは思うようになった

いやSNS見ただけで何がわかるねん(関西弁)

ヲタクに女の趣味なんかとやかく言われたくないやろ(関西弁)

でもでも~、パンピとそういう話になった時に、TE梨香やAY衣の方が印象いいじゃないですか~~~~(伏せる意味)

 

そして祝フライデー 某Tバック丸見え女!

もともと割と好きだったのと、2人が共演したお願いランキングのストライクミュージックも楽しく見ていたのでそんなに印象は悪くなく

ただ撮られた服装はオイオイって思ったかなw

2人の書く文章があまりに類似してきて(今も尚)微笑ましく(大嘘!嘲笑ってた!)

こういう周りに反対されるような女のほうが逆に燃える気持ちもわかるよ、と思ったりしましたね

「守ってくれなきゃヤダ!!!」という名台詞が脳裏を過ります。

 

そして現在の寿司高由里子氏!!!!!

彼女はもともと大っ嫌いだったんだけどw、今では好き!

実はそれまで演技作品は見たことがなくて、twitterとかバラエティでとにかくうっぜーな!と思って見てたんです。

なのに報道が出た直後の連続ドラマ「東京タラレバ娘」がなんとも面白くて、寿司高由里子演じる倫子さんがかわいくて!

表情がくるくる変わって演じるのがすごくかわいかったし、あ~映像向きの女優だなと思いました。

ストーリー自体も今の自分の年齢より設定は少し上なんだけど、心臓にぎゅんぎゅんくるものがあったw

Twitterは相変わらずキモいけど、まぁ我々とは違う、少し変わった世界に身を置いていたらあの位トチ狂ってるほうが寧ろ正常なんじゃね?という気になるし(甘い)

ずっと見てると(おれたちのせいで幸せになれなくてごめんな・・・・すぐには難しいかもしれないけど、いつか俺の嫁としあわせになってくれよな;;)という気持ちにさえなる

周りいないタイプのポエマーの浄化能力(?)すげえ

 

彼女との交際でどちらかというと私がいらっときたのは毎週土ナイにラジオをやってるパーソナリティのお友達でして(飛び火)、

ちゃっかり友達紹介してキューピッド役やって尚のうのうと俺たちに媚び続けられる神経とは!?って感じなんです、、、、;;

いや彼自身の声も歌詞も音楽も明暗表裏一体なところも人としては好きだよ!!

一番好きな曲はTokyoderam

が、自担をテーマにした曲を作ってる時点で(おや・・・様子がおかしいぞ・・・?)と思ったし、cutのインタビューで俺ファン目線分かってます的文章を書き連ねてるのも個人的には頂けないんですはい

あっ勿論ラジオはピンでやってたときより50000倍楽しいし、自担が懐いているのでよしとします

 

だ!け!ど!も!

自担ちゃんがいる要塞のような事務所は、おたくの事務所と違って交際をひけらかすオープンさが良しとされる組織ではないこと、あなたのお友達でとして居る時間は自由だけど、我々に見せるときはそれではだめなんだよ、ということ

あえて自担本人ではなく横手市出身のアイツに言いたい(間違えてたから訂正しました)。

毎週お前の向かいに座ってるお友達はやべえヲタクがわんさかくっついたやべえ奴なんだよ!!!!!!

 

 

 

 

で、記事タイトルの最後については本当に可哀想な人達でしかないですね、生き辛そうですよね

けどさぁ、見ちゃうじゃんw(きめえ!と批判するために)

見れば見るほど頭沸いてんナ、こいつら、という感想しか出てこないですね

 

私だって自担に文句を言いたくなること、めちゃめちゃある。

髪型とか髪型とか髪型とかry

それ以外にもテレビやコンサートで「なんでそこでこう言わないんだ!」「もっとこうしろ!」と思うこともあるし、

「あのグループは、あの人こうなのに;;」ともどかしく思うこともこれまでにたっくさんあるし

モンペなので「パートが少ない!」「被ってる!」等のグループでの待遇とか演出に関する愚痴は常にある、好きな人が思い通りに行動してくれない苛立ちはよくわかる

 

でも当たり前なんだけどたまに忘れそうになるのは私にとって好きなのは自担ちゃんでしかないって事

タレントとファンという関係だしそれを他のタレントに比較することはできないし

そこを重視して応援するタレントを選ぶことは、私は無い(所謂神対応とか塩対応とかでってこと)

お金を出してるから意見を言える、尊重されるべき立場だとは思ってないし

お金を出してるだけだから意見なんか言っちゃだめな無視される立場だとも思ってない

 

そのあたりの人によってタレントに求めるものって変わると思うけど私は自担溺愛好き好きオバサンなので最終的に「かわいい(*´`)」で丸く収まることが殆ど

かわいいだけで済まされないこともあったけど、でもかわいいからずっと好き。かわいいから派生する好きっていう気持ちは強いね!乗り越えられるね!

 

 

最初に書いたとおり私は、「悪口を言うのはよくないよね!!!!!」「嫌なら見なければいいじゃん!!!!!」という学級委員になるつもりも、連中に寄り添うつもりもない

それに私だって友達や職場の人と共通の人の悪口言うのとか昔から楽しくてしょうがない性根腐ったOLだしwww

自担が求めるいつまでも純粋なオーガニックなファンではないと自覚してて

けどさ、そういう学級委員気取りの人を気にして文句言えなくなるのが嫌で専用のアカウント作らないといけないなんてそこまで周りに迎合しなきゃいけない理由ってあるのかな?

 

 

そしてその連中の書いてることで謎だなって思うことが何点かあるんですが、

「恋愛すること自体は構わない、

別に自分が付き合えると思ってるわけではない、

けどアイドルの自覚ある?夢を見させる仕事でしょ?

こっちがいくら時間と金かけたと思ってんの?

やるならうまく隠してよ!fuck!」

だいたいこんな感じですか?まぁ中にも色々な考えがいるんでしょうけど・・・

 

ねえ!!!!!うちの子がいつ恋愛を隠さなかったことがある!!?!?!?!?・

○○さんとお付き合いしてま~す!!!しょべえ乳首だけど毎日吸ってます!!!!こないだはお前らの金で紐の長いスウェット買って2万の寿司食いました!!!おかげで毎幸せで~す!!!」とか言ったわけ!?!?!?!?!?!言ってないよね!?!?!?!!?!?!?!!?!それに金と時間をかけたのはそれを自担が強要したわけじゃねえええええよな!?!?!?!?!!?お前の判断だよな!?!?!?!?その量が比例しないのはリアル人間関係でも一緒だよね?!!?!?!?!?!

 

空港に2人で行ったのだって、寿司屋から出てきたのだって、それは第三者が撮って見せてきたものでしょ!!!?!???

「うまく隠してよ」

隠してますよ!それを撮って金になる人がいるから私たちに分かる訳で

本人は被害者でしょ?

もしも自担が「恋愛くらい個人の自由だしバレたってよくね?」と心のどこかで1ミクロン思っていたとしても、積極的に我々に詮索してほしい、知ってほしいなんて思うわけないじゃない。

自担は隠してたのに第三者によってバラされた被害者側です

なぜ好きなのにそっちの擁護に回らないのか!?

その怒りの矛先が週刊誌記者ではなく本人に行くのか!?ここが一番の謎

 

ほかのタレントだって記事にならない(お金にならない)だけで一緒に空港でスマホ覗き込んだり寿司屋行ったりしてるでしょうよ

なりそうになったって揉み消されることもあるのに

その報道された行動だけを切り取って本人の人格否定までするのって、どうかと思うんだよねえ。

 

私個人的には、自担は事務所に怒られるだろうし各所であーだこーだ言われて可哀想だけど、リアル恋愛女ネタ大好物マンクソヲタクなのでいぇ~い!もっとやれ~!って感じですけどね、あ!擁護しろ!とか言っておきながら矛盾してるかも。ごめんなさい^^

 

あとコンサートの演出やテレビでの対応を見てちょっと気に食わないことがあると

「ヲタクを舐めてる!」みたいになるのものもこのひとらによくあるよね・・・2番目に謎。

 

君たちってお給金を貰って仕事したことある?

一切私情に影響されずに毎日一生懸命にムラなく仕事できてるの?

職場の名前は出さず身内向けにやってたSNSに仕事の愚痴書いて、その身内に内容スクショ撮られて職場や取引先にバレて怒られたらどういう気持ち?

もちろんふつうの仕事は違うといえばそれまでなんだけど、そういう批判を見てると最早集団でのパワハラだなって・・・w

ヲタクって自分のこと棚に上げて言いたがりますよね、恋人でも家族でも友達でもないから好き勝手言えるもんね

 

SNSなんて自分の意見好きにアウトプットする場所だから誰のことも気にしないでかいてよくない?とは私も思うけど、

愚痴を吐き出すために別垢をつくり粗探しをすることがアイデンティティとなり、

同じ意見を持つ人とだけ接してるのって麻痺するしどんどん自分を追い詰めてると思うしとにかく無駄なエネルギーだよね?それが趣味なら否定しないけど違うでしょ?辛いんでしょ?塞ぎ込んでるメンヘラってるの見苦しいし友達減るんじゃない?それが君たちの理想のヲタ活ですか?

 

好きな人を好きで居続けるのは楽しいことだけじゃないし、好きのスタンスは人それぞれであって、同担であってもそれが全部一致する人なんていないと思ってる。

でもヲタクは好きな時に好きな量を都合よく摂取できて、ついていくのも離れるのも自分主体で、だからこそ直接の関係がないからこそ思ったこと吐き出すこともできる

楽しいことだけを見て嫌なことには目を瞑るんじゃなくてそのへんを自分が楽しく過ごすため(ここが重要)の取捨選択、自分に一番合ってる消化の方法がわかればいいんじゃないかな、というお話でした。

 

 

こんなつらつら書けるのは友達の同担がみんな漏れなくいい子で、愚痴垢なんてやってないからなんですけどねwガチ恋もいるしファンザ厨もいるしただただ見てたい人もいるし女ネタすべてNGな子もいる。

けどわざわざ垢作って叩きに回ってるような子はいない、とおもうよ、私に言ってないだけか?w

ま、とにかく楽しく愛でられればいいのになーと思う今日この頃でした。

 

東京レポはドラフトあるので気が向いたらうpします(^_-)

 

エイタメジャム名古屋を見た。

友達にもう書かないのかと思ったと言われた名古屋レポです書きます

twitterだと流れ無視の思い出した順になるからtogetterでまとめてどうしても断片的になっちゃうんだよね。

セトリ見て整理しながら書けるのではてブロ開設してよかったぁ

 

 

メンバーも言ってたけど名古屋はクリスマス時期に金曜日のMステスーパーライブを間に挟んで木、土、日とやっていたのでなかなか全日参加できたこと最近はなかったんだよね。

全体的に良い地方感、中だるみ感?wがあってたのしかったなぁ

 

じゃ、バンド部分ほとんど記憶無い、忠義たん及び安倉だけ書いてるレポですドゾ~

 

 

 

84

この日の忠義ちゃんは左側の前髪がまっすぐ下に垂れててとても良い鬼太郎加減。

ピアスは金の輪っかを左耳につけてた。

 

 

NOROSHI

マルのベースが出なくなって、新しいものに曲中に交換。

その間フリーハンドで曲に合わせて「同調!」など煽ってるマルを見て爆笑の忠義ちゃんかわいかった!

 

MCのために花道を歩くときにおしゃべりする安倉ちゃん。

センステに二人でぴょこんと飛び乗って両手を大きく振ってたのが年下シンメ感あって好き~

 

MC

・7パラ

忠義「MC、これ7パラ言うてたのどうなったの?」

錦戸「普通にダメだしw」

違うの!ダメだししたくて言ったんじゃなくてファンが喜ぶことを考えて、今から変えられるならって思って言ったんだと思うんだけど~~><

 

忠義「やってよ映像さん」

大人に指示する生意気忠義お坊ちゃま。

 

忠義「7パラって7人でパラパラしないよ」                                     

安田くん、コナン的なパラパラを踊り、すぐ真似っこする忠義たんかわい~

 

ヒナ「こっちのほうがいい人~?」←全力で挙手

ヒナ「一人づつのほうがいいよって人~?」いるわけねぇえええええwwwwww

 

マル「好きな人をずーっと見てたいってことじゃないすか!?」さすが精神がヲタク

忠義「だって誰か喋ってる時にこの人がどういう表情してるかって知りたいですもんね」

そうだよ~~~~~~と暴れ曲ヘドバンの勢いで首肯

札幌からずっと思ってたから、なっていないことにここで気づいたのか?大阪後に気づいて言ったのか?わからないけどうちの嫁は仕事ができる♥♥

 

錦戸「あの人ばっかり喋ってってるから全然誰か映らへんとかってあるのかな」自分のファンの気持ちをよくわかっているにしきどくんw

 

忠義「横山くんがなんか言ってる時に笑ってる顔も見るとほっこりするんですよ」

※ほっこりとは

 

・動物園の奇声をあげる猿の話

安田「惑星の猿とか出れそうやもんな」

忠義「惑星の猿!?!?!?!?ふつうにおるやんw」

ヒナ「地球上におるw」

忠義「逆にするだけでそんな変わんねんなw出るとこ出てるぞ~ww」

ヨコ「ヤスいいぞぉ~~!!!」←総スカン食らう安田くんに優しいヨコおとうさん

 

・安田くんのおかしい発言について

ヨコ「ヤスってすぐ逆になるよなぁ。」

忠義「逆になるっっ」←間髪入れずwwwwwww

ヨコ「去年くらいこうやってふざけてたときあったやん」

忠義「振り付けのとき!」

ヨコ「ふつう、『お前サザエさんか!』っていうのを『サザエかお前さん!』ってwww」

忠義「お前の方に気遣ってる、『お前さん』ってw普段お前とか言わないからw」^^

 

ヒナ「壊れてくなぁヤスは・・・」

忠義「壊れかけやな、もう」

 

・安田くんの行動を知り尽くしている忠義ちゃん

忠義「今日なんか朝からトランスフォーマー見に行ってたよね」

安田「見に行ってたァ~」

忠義「どやった?」

安田「いろんなくるまがでてきてたのしかった」wwwwwww

 

安田「アメ村(?)で見てきたァ」

忠義「もうすぐスパイダーマン始まるからな」理由になるのか?それw

ヒナ「もうすぐやなぁ、811日。」

安田「やまのひからすぱいだーまんがおりてくる。」

忠義「降りてくる!?地上におんねん地上におんねん!!!!」

忠義「だから、考えてから喋ってごらん。」

 

・突如ぶっこむ

忠義「名古屋で楽しみなことは?」こんなの方忠義ちゃんじゃなきゃ無理だし誰も突っ込まないのもおかしいw

安田「なごやでたのしみなこと?しょくじ。スパイシーな手羽先。」

 

スープカレー

すばるが札幌初日のケータリングで一緒にスープカレーを食べていたら安田くんが「めっちゃ美味しかったです!片栗粉入れたら普通のカレーになるんですかねぇ?」と聞いた話を聞いて大喜びでじたばたする忠義ちゃん

 

忠義「カレーよう作るんでしょぉ~??」知ったかがひどいよ抑えて><匂わせ><><

 

忠義「片栗粉入れてるの?普段から?」

安田「うん!」

 

ヒナ「やっぱりどっか秀でるとどっか欠けんねんな」

ヨコ「いやかけてないよヤスは!」お父さんの優しいフォロー

 

ヤス「いや関係性、完成形?」

忠義「なんでいきなりラップすんのww・・・・完成形?」

安田「かんせいけい。」

忠義「うん・・・。」この突っ込んでからちゃんと優しく聞いて話戻してあげるの;;安田くん専属MCですか;;;;

 

・安田くん昔は勉強できた話

忠義「勉強得意なんすよ!コツコツとノートに書いてやるのが得意!」あたかも自分のことかのようなドヤ顔

安田「書物も好きだし」

忠義「覚えるのも好きだし。ただアウトプットするのが苦手()

安田「セリフとか覚えるのもノートに書いて覚える」

忠義「そう。そのノートはどうするの?」

安田「おもでとしてたなにいれていくぅ~」

 

・錦戸くんのドラマの話

忠義「キスしようとしてうええってなったやん。」

ヨコ「大倉のほうがうまいやん?」

忠義「あそこで俺がほんまのえづきしたら、日本中がえづくでwだからあのおえっが正解やねん。かわいかったから」

 

・奇跡の人男尊女卑説

忠義「あっそうなんや!」知ってるくせに

忠義「ここで聴いてるひとはそういうこと言わないんじゃな~い?」

 

 

この日、自分自身の話題はそんなになかったのに、安田くん専属MCとして活躍した忠義ちゃんでした^^

 

 

 

・奇跡の人

静かな最初の部分が終わって、首コテンってなる忠義たん

てんてんてんてん~って流れると安田くんの忠義ちゃん二人していつものりのりになるやつ~

介護し合おうな~と出来たらいいな~は目線合ってないけどお互いクロスしてる感じ

おててぶんぶん振りながら花道を行進する忠義ちゃん

 

JAMLADY

しゃがんで棒におてて引っ掛けて降りてくる忠義ちゃん

煽ったあとヘラヘラ笑って忠義ちゃんの方を見る安田くん

2回目の「大概!」を「衝突!」って言い間違えてた

宝刀、黒糖、煌煌!は見るたびに激しくなっていくような(ノ∀`)

煌煌!で安田くんが腰をガンガン!って揺らして、忠義ちゃんが手でこいこい!って感じにちょんちょん

すぐさま酔う俺にメロメロ~で顎に手(←New!!)

キスはおてて無しでん~ちゅ!って口

 

・罪と夏

安定のキスマーク飛ばす南風でキスマークを髱してくれるアイドルの忠義たん

これ以外も、ムビステの時下の観客煽ってくれるよね~~~~

 

DONAI

この日バクステだったからマジで死ぬかなってくらい堪能した><

安倉の「暗い顔はよしなよ~」は後ろから安田くんの肩に腕組んで乗せるやつ

助け出すぜ必ず~って助け出す顔、

でーぐちのないっって時に下の観客見てにこってする、

ほらTake you~ってお口すぼめる、

他のダンス曲よりも余裕があるからか?表情が豊かでかっこよかった~~~

 

・キングオブ男

前奏終わって安田くん指差して笑ってたのなんでか謎w

気まずいの突っ張って!はやってなかった(;_;)

 

・なぐりがきBEAT

「あとはドアを開けるだけ」の蹴りのためにおズボンをきゅっきゅってあげるのかわいい

 

WASABI

毎回だけど、抱きしめたっていいじゃん安定のハグだし、ここの動きフリーで歌うところかっこいいし、さりとて不敵に突き抜ける~で下の観客見てひょいひょいってやるのめっちゃかっこいいから一回くらい直下でくらいたい><

 

・えげつない

すばるとフロートに乗って運ばれてる時、前髪掻き上げてブルゾンも肩まで脱いでてセクシーだった!

横断するときには肘くらいまで脱げてたw

 

安倉ラップは「すべてが散らかってる~」が出ず、

「・・・・・実家から・・・出直したほうが・・・・いいと思うよ(半笑いからの真顔w)

※全日に安田くんの実家の尼崎で二人でロケをしている件について

 

「あんとき褒めたったん俺だけや~ん?」の言い方なんかいつもよりムカついたwww

そしてそこまで余裕の顔つきなのにこの辺から困った顔して髪の毛を弄る仕様の忠義ちゃん

「ファンサ見倣え~オエエッ」と最後にえづきwwww

 

NeverSayNever

サビ前は左手でバーンの手でウインク(^_-)

霧吹きはしてなかったかな?

 

・ナントカナルサ

最初の心だぜ~でリズムに合わせて聖水ぷしゃ~!!!

安倉フロートすれ違いは向かい合って止まって目を合わせただけ?

あとこの辺から前髪が汗でおでこによこにまっすぐぺとってくっついちゃってて寝起きで汗だくの赤ちゃんみたいで可愛かった

 

・今

終わってすぐにジャケット脱ぐw

スピーカーに凭れる忠義ちゃん

ヒナ「関西ジャニーズJrに大きな拍手~!」

忠義「元祖関ジャニ!」

 

ヒナ「ナゴヤドームにも大きな拍手~!」

忠義「三角で構成されてます!」天井の柄w

 

去り際安田くんのおしりモミモミする忠義ちゃん(+右側から安田くんの肩を組むマル)

扉が閉じるときに抜かれると満面の笑みで両手を顔の前に出してちいさくふりふり~

 

・純情恋花火

前髪上げてたけどふわっとしてる感じ

いつもどおり最初からJrの真似っこさん

 

・パノラマ

2回目の「みーちーびーくー」でちゃんとゆっくり歩くふりみたいなのやってて激烈に萌えたw

 

・ズッコケ男道

スタンド側向いてくれてよかった><

空気ファンサおいしいもぐもぐ

 

・青春のすべて

マルの挨拶の間にはだけた浴衣を直す

この日は「また名古屋であお~」と言って割と早々にお帰りになる忠義たん

 

 

 

85

 

前日よりも顔の右側からぎゅい~~んて髪を持ってきていてかわいい!

左肘にサポーターあり。そして左手首に青いヘアゴム♥

てかバンド部分が面白くなったw

侍唄で錦戸くんがふざけたり、夢への帰り道で忠義たんがフェイク入れたりし始める流れはこの日からだったね

正直ぶっ続けであれやるの中だるみしてたからあれくらいでちょうどいい

 

traffic

グローブつける

 

・侍唄

前の錦戸くんの話している間にシンバルぺしぺし叩いたりリズムとってる忠義たん

歌い始めて「しりったぁぁああ~~~いん」とかふざけたので最初からやり直すことに。

「あともうちょっとでドラムインやったのにw」な忠義たん

やり直してドラムインするときへらへら満面の笑み

曲終わりのでっかちゃんみたいなやつで撫で回すシンバル、謎に雑いw

安田「撫でるように叩いたな」

忠義「どらむをめでてるぅ~。()この言い方絶妙にキモくて笑った

マル「愛でシン。」

安田「めでしんってなんやw」

 

「何か言いたいことある人~?」という錦戸くんに、味噌煮込みうどんを食べた話をしてスべるマルを見て、

忠義ちゃん「今日の帰り道は飲むんやろなぁw」

 

・夢への帰り道

リズムをずらして歌いヒナのピアノを惑わせる忠義たん!いたずらっこな笑み

ヤスの「てをーふるーならーならーはぐしてほしいー」がめちゃくちゃすぎてすばるが最初からやり直させるw

2回目の忠義ちゃんはリズムはずらさないけど、強く思ったで胸をぎゅってして、君の笑顔で前を差して君の涙で指差して頬を伝うっていう手振りつける

安田くんも両手で手を振って自分をハグ

すばる笑ってしまうのか風俗嬢のように手で目を隠すwww

私的には譜面通りにしか歌えない真面目なヨコに萌えたし、おちゃらける年下を締める

夢への帰り道が俄然楽しい歌になった日!!!!

 

Tokyoholic

マルがソロパートで前段の味噌煮込みうどんでスベったことを言うのでめっちゃ笑顔で歌う忠義たん。

 

SEVEN転びEIGHT起き

最後のドラム上からズームインの時にベロ出す

 

MC

・夢への帰り道の振り返り

ヒナのピアノが失敗して欲しいと思ってしまったいたずらっこ忠義たん

何もすることがなくて目を隠した

忠義「インターネットに載ってるやつ」←()

 

・侍唄の最初について

錦戸「俺が弾いてたらしょーちゃんが『侍や』って言うから、ジャーンって・・・。」

ヨコ「やっぱヤスって半端ないなぁ。」

忠義「きっかけヤスやったんや」

ヤス「楽しんでくれました?」

ヒナ「なんでオレに聞くねん!」

忠義「5万人無視かおいw」

ヨコ「最近ヤスが止まらへんな」

忠義「ヤスが止まらへん。Can’t stop ヤス。止まって欲しくもないよね。

 

・今週の安田くん

ヨコ「今日楽屋でヤスに興味が沸いて、『ヤス最近何が楽しい?』って聞いたらびっくりする答えが返ってきた。『きんぎょみることー!』ってw」

忠義「小学生w」

安田「金魚祭りも夏やからあるしさ。」

忠義「夏祭りね」

この件誰も聞いてなかった><

 

ヨコ「となりで聞いてたマルが一瞬えってびっくりして、『いいとおもうよぉ』ってw」

忠義「マルは優しいが過ぎるよね」

 

・またぶっこむ

忠義「ヤスに興味ある、俺も最近。」←またまた、この人はいまさら何を言い出したんだ?という会場全体の苦笑いに私も笑った、、、こういうわざとらしい倉安ってもはや他担から冷めた目で見られてるんですね;;みんなもっと温かい目で見てくださいね;;

 

ヒナ「第二次覚醒期やな」

忠義「髪の毛から気になってる、最近。」

すばる「なんでそんな陰毛みたいになってんの?」

忠義「ストレートの人もいるよ」

ヤス「だいぶ大人の毛!」

 

ヒナ「俺節の舞台で大変やったから」

安田「自由にしていいよっていう時間だったから」

忠義「間ありすぎてボーンってなったんやろ?」

安田「ん~~~っっボーーーンって!」やさしいかわいい

忠義「なんでやり直したのぉ?!笑」←めちゃくちゃ嬉しそう

ヨコ「誰も再現してって言ってないよ!」

ヒナ「やりたかったんやな」

忠義「その割にはちっちゃい爆発やったな?なー?」

安田「そうやぁ?」

忠義「そうやぁ?()

もうだめここかわいすぎて安倉ワールドが過ぎる死んだ脳みその記憶のほとんどがこれで支配されてる

 

安田「しばらくはこのままで行こうと思います、いきつづけたらここまで(鎖骨下くらい)忍ると思うんで」

忠義「それただの予想でしょ?いこうとは思ってないでしょ?」

 

すばる「そのメガネは度は入ってるんですか?」

安田「入ってないです」

忠義「高橋優くんから貰ったの?」

安田「優くんからは貰ってないです。」

忠義「誰からもらったの?」

安田「??さん(スタイリストさん実名w)からもらった」

 

・安田くんの靴下と靴

忠義「ヤスなんで足元から火出てんの?あつないの?」靴下の柄

安田「あつい。ふつうの靴下より2倍暑い。」

 

すばるに靴の紐を結んでいないことを指摘され、「脱ぎやすいから!」と脱いで見せると指先は五本指靴下に縫い合わせてある手作りのものであることが明らかになる安田くん。

すばるが跪き安田くんのあんよを乗っける構図を見て、

忠義「ガラスの靴が見つかったんじゃない?」思考がメルヘン><

 

・マルの映画の話

錦戸「その時今のしょーちゃんみたいな髪型してたよな!」

忠義「髪だけ切ってカッパーマあてたんでしょぉ?」

マル「誰がカッパーマや!」

 

・ヒナの27時間の話

忠義「アウトレイジのオファーあった?」

ヒナ「アウトレイジはもう撮り終わってたからさ!」

ヨコ「ビジョンはあるんですか?」

ヒナ「だから標準語練習してるし」

忠義「村上くん標準語できるん?」

ヒナ「話せるジャン」

忠義「英語も関西弁ぽいやん。『ごーあへっど!』ってw」

 

なんかずっと左手人差し指のところを触ってて。またお怪我かな?

あといつだか忘れたけどなんかのお知らせごとのときにマイク持っておててぱちぱちしてた忠義たんまじかわいすぎ赤ちゃんだった!!!!!

 

・奇跡の人

「あぁそれはほんまやなぁ~ああ」この「ああ」みたいな変な声が響いててウケた

「介護し合おうなぁ」ヨコと忠義ちゃんが安田くん見る、安田くんはヨコ見てからいたずらっこっぽいお顔で忠義たんのこと見る

「できたらいいなぁ」安倉見つめ合う

縦花歩くところでお靴が脱げちゃった安田くんwwwwwそれ見て笑ってる忠義ちゃん、メインで横一列になったときご機嫌そうにおてて伸ばしてぶーんして揺れて歌って、最後のちゃっちゃっちゃーんでみんなお辞儀してるのに安倉ちゃんはお互い指差してへらへらwww

 

JAMLADY

忠義たん座って登場

宝刀!と黒糖!はお互い股間指差し、煌々!は忠義ちゃん右手つけてグラインド

メロメロで顎に手、ちゅは手付き

 

DONNAI

もうこの日のどない近すぎて死ぬかと思った~~~><

史上最高どない賞受賞!!!!

おちんちんぎゅっも目の前だったしやばかった!

けど証明が眩しすぎて、衣装もぴかぴかだから反射してて、双眼鏡で見てたら目玉潰れそうになってw痛すぎて涙ぼろぼろ流しながら見てたwwww

ヒナのラップで行く手を阻む忠義たんのいたずらっ子笑いが可愛すぎてぶっ倒れかけたし、

安倉の立ちバック、安田くん両手を広げて天を仰いで、忠義たん顎引いてめっちゃドヤ顔でこっち見てくるの所有欲と威嚇がひどい><誰もあなたから安田くん取ろうとか思ってないから安心して><><><という気持ちで見ていました

てか、この歌全体的に振りもかっこいいし顔も常にどやってて本当にかっこいいよね!!!!

 

・キングオブ男

またしても安田くんを見て笑い転げてごろんごろんする忠義ちゃんw

気になる><

気まずいは柱被ってよく見えなかったけど多分少し手出してたと思う

 

・なぐりがきBEAT

どこまでも湧いてくる~でモニター抜かれず

サビ前のキックの準備でズボン上げるやつ

 

ノスタルジア

忠義たんフード!

けどバクステのマルが近すぎてww

てかよく踊っててフードとれないよね!取れないために頭固定されるからダンス上手に見えるw

逃れられないメビウスの前、安田くんのう~~~~で自分でフード取ってた

 

・えげつない

安倉ラップ

あれ?でどこどこってやって安田くんここ!って感じで右手振る

見えへんかったと言われてFポーズ

足元に敷いたろか、でしゃがんで安田くん蹴る

全てか散らかってる~でふらふら同じ動きでノる

安田くんラップの間は仁王立ち、ファンサはそもそも甘え~で肩に手を乗っける安田くん、ショボン顔で負け確定の忠義たん

 

・ねばねば映像

並んでずら~って映るとき、お口膨らましてむぅってお顔の忠義たん

 

NeverSayNever

バクステから上手フロート乗ってちょこんと座る

 

・ナントカナルサ

バクステ三馬鹿に気を取られるw

安倉フロートすれ違いは安田くんが指差して、忠義ちゃん右手でピース?

安田くんなかなかの飛距離で忠義ちゃんのフロートに飛び乗るww

 

・今

曲終わりで、振りで手を前に出してたのを上に向かってパンって撃つみたいにしてた

そして開演からおててにつけてた青いゴムで、なんと髪を結んでひぐちカッターみたいになっちゃった><

悲しい・・・誰・・・こわい・・・・

けどそんな変なルックスでモニターに映し出されてちゅってしたり、安田くんは小学校低学年の男子みたいな変な拍手してたしまじカオス\(^o^)

扉に向かう時の安田くんの尻も無は無しで、閉じるときは投げキッス

 

EN

・純情恋花火

最早定番になりつつあるJrダンス

手をまえにちょんちょんの間奏は忘れてた?モニター抜かれて急いでやってた

 

 

86

靴下履いてない!!!!!!

あと最初からグローブつけてた!!!!!!!!

 

・侍唄

せっちゃんの歌うたいのバラッドを歌いかけすぐにやめた錦戸くん

忠義ちゃん「そんなことするタイプやったっけw」

最後のシンバルをヒナに笑われる忠義ちゃん

ヒナ「すっごいアップで抜かれてたで」

忠義「え、写ってたの!?やさし~~~い気持ちでw」←知ってるくせに(ノ∀`)

歌い終わってテンション高めの錦戸くん、気持ちよかったというすばる等

忠義「もっとじわっとなろーよ」「じゃあ、『じわーん』いきます!」次曲へ

 

・夢への帰り道

若干リズムずらしてフェイク

 

MC

 

センステに歩いてきた忠義たん「こんなに手振ってるのに上の方全然返してくれへん!!!!」

急いで名前うちわを出す我らwwwwwwww

 

・仁鶴師匠が降臨した話

忠義たん「ヤス、セリフになってなかったぁ歌?」

安田「仁鶴師匠がおりてきた」

忠義「わからんわからん、どゆことw噺家?歌の途中に?w」

 

安田「亮に『仁鶴師匠がいい?』って目で聞いたら、そうって・・・」

錦戸「やめときって首振ってんけど、、、」

忠義「アイコンタクト失敗してるやんw」

安田「俺はもうそれを仁鶴師匠だと思った」

忠義「ヤスってもうアイコンタクトもできんようになっちゃったんや」

安田「どうかしてるぜぇ!」

 

・マルがべースをぽにょんぽにょんと弾き、ベースの魅力を伝えようと背負っており、ベーマガの表紙を飾った話

忠義「よこやまくんも出た?ラッパで」物覚えが良いヲタク

 

・高槻Walkerのオファーはなんぼでも受けるが、キーボードマガジンのオファーが来ても断るヒナ

忠義「市長とズブズブなんでしょ?w」

ヨコ「市長から金塊積まれたんでしょ?」

忠義「『頼むから市長の座だけは奪わんとって~』()

 

・市長から手紙が来て、ケーブルテレビとかのオファーが来たけど忙しいよ!と言うヒナ

忠義「市長なって、大阪の橋本さんみたいになって、そのあと内閣総理大臣でしょ?」

ヨコ「そのうち八重歯金になるかなw」

ヒナ「そんなんやらんよ!関ジャニ一本でぴっと!」

忠義「ピッ!と?」

ヒナ「でも関ジャニのためになるなら国政も少しは・・・()関ジャニの為になる国政とは

ヒナ「たくさん勉強せなあかんねんで?」

忠義「めっちゃ分厚い本読んでるやん」

 

ヒナの読んでいる栞を抜きたくて仕方ないよこすばや、ナゴヤドームのトイレが流れづらい話や、トイレに閉じ込められたと騒ぐヒナの話など

 

泥棒役者の宣伝で、その役で一時期今の安田くんみたいな髪型みたいだったよね、って誰かが言ったときに

安田くんが「へっへへ」っと笑って

いきなり鋭い眼差しで安田くんを見て驚く忠義ちゃんに狂気をかんじた^^

そして忠義ちゃん「笑うとこちゃうでw」

忠義「笑うとこちゃうよな!?ちょうどあのヤスみたいな髪型でしたって言うただけ?しかも全力の愛想笑いやった」

 

ヨコの「ヤスいいぞー!」に、無言で脇ぱかぱかして応える安田くん、それをニコニコ真似する忠義ちゃんw

 

マルに「とられちゃったなぁ^^見に行くで^^」と慰めの言葉をかける忠義ちゃん

 

 

 

・奇跡の人

「あぁ~それはほんまやなぁ~~~あ。」の最後の「あ」は昨日もやってたけどなんなんだろうw

そしてそこからに移動が妙にノリノリでかわいい

「介護し合おうな~」は左手を安田くんの肩に乗っける、安田くんヨコを見てから忠義ちゃんを見上げるw

「出来たらいいなぁ~」は3人で笑い合い

 

JAMLADY

登場は相変わらずしゃがむ。

メロメロ~は髪掻き上げ(昨日一昨日の顎に手の方が好き;;)

ちゅのあとに笑顔!

 

DONAI

ヒナのラップのあとの定位置に着くまでの移動でごっつんこする安倉ちゃんwwwwwwかわいいすぎたwwwwwww

そのあとの「暗い顔はよしなよmove your body」のポーズは安田くんの肩に腕組んで肘乗っける方

 

・キングオブ男

また安田くんの足ピンで笑い転げてぴょこぴょこ大喜び

気まずいの一人突っ張って!はやる

・えげつない

センステに向かうトロッコにぴょこん!と飛び乗る忠義ちゃん(´▽)かわいい(´▽)

安倉ラップは、またしても昨日とは違う変な動きで忠義ちゃんを煽る安田くん、

「もう日本語めちゃくちゃ」で安田くん白目w

「すべてが散らかってる~」で前に出てこようとする安田くんを左手で静止する忠義ちゃん、けど結局安田くんに上半身すりすりくっつけて押しのけていたはずの左手で背中に手を回して抱き寄せるwww

安田くんは「カレーのおかずに天丼ってなんやねん」で鼻の下伸ばしてデッレデレ声でぴょこぴょこ飛んで自分の右肩を忠義ちゃんにくっつける、

「食い意地」で忠義ちゃんのお腹を人差し指でちょんちょん♥

「クレイジー」と言われて(ω) こんなになっちゃう忠義たん

「金髪にしたことあったけど~」で忠義ちゃんの頭皮を指でぐりぐりw

「ファンサ見倣え~」はいつも以上に大きいリアクションでお口あんぐりガーン顔、

この日今までで一番よい安倉だったぁ

 

あとマルが錦戸くんにタジタジになるところでメンバーがみんなで腕上げて脇見せ始めて

マルが甲高い声で「わぁああああ!!!脇ばっかりや!!!!」とか言って脇に囲まれるマルの図にめっちゃ笑ったwwww

そのあとの「一緒にやろっか」っていう謎に甘い声で夜行バス~~に入るのもツボったw

何がこれが俺たちの偏西風だよwどこから吹いてんだよwww

最高の団体芸です><

 

・ナントカナルサ

心だぜ~でんでんでんプシュー!という感じに霧吹き

縦トロッコでペットボトルぶんぶん回して撒き散らかして霧吹いてまた撒き散らかして「ご一緒に!」で前方にペットボトルごとポイ!

安倉すれ違いは膝に手をついてしゃがんでいた忠義ちゃんが近づいてきた安田くんをチラッと見上げて、安田くんが忠義ちゃんの胸元をぽんと叩く

この安田くんの頼れる兄貴感が凄まじかった><

 

・拍手のくだり

「男エイタ~」で「スパイダーメン!」と叫び、そのあとずっとシュッシュッと糸を出すポーズの忠義ちゃん

お辞儀の前はおててを前にちょこんと出したり、後ろの扉に向かって歩くときはそのおててを横に開いて鳥さんみたいにひょこひょこしてて幼女でしかなかった!!!!!(よって安田くんのお尻揉みはなし)

カメラ映ると安定の投げキッス!!!だんだんありがたみがなくなってきたぞ!

 

・純情恋花火

前髪あげておでこパッカーン(^_^;)

手を前にちょんちょん、手前にちょんちょんの後のジャン!ジャジャン!で、犬みたいな変なポーズしてたw

最後のサビも拳握って五木ひろしみたいなんなってるしw

 

 

そんなところです!

今更感すごいですね、とにかく京セラでメンバーもへとへとなの見てたから、名古屋は元気でよかった・・

3日感愛理ちゃんと入って、4日夜はみうちゃんとなこぴちゃんとおいしいお肉を堪能して、5日夜はあいの誕生日をゆりちゃんと4人でお祝いしてカラオケでドラム叩く忠義ちゃんの真似したり騒ぎ狂ってw帰りは去年の反省を活かしてぎりぎり?間に合ってよかった^^

とにかくめちゃめちゃ濃くて楽しい3日間だった~~!!!

 

さ、東京はまとめたいけど最初2日あんま良く見えなかったし、書こうかってますw

 

エイタメジャムパンフレットを読んで、大阪を見た。

ジャムのパンフレットの感想から。

                          

札幌終わり、パンフレットを読み耽っていました!

長文は主にグループのバンド活動を各々がどう捉えているかという話。

 

で、私はヒナのページに深く感銘を受け、このツイートをしたんですけど

 

 

(実際に夜中「ヒナ大好き!!!!!!」と叫んでベッドを転げ回った

今回のパンフレットのインタビューだよ、というのを文章に入れなかったので誤解も招いたようです、ヒナごめんね~~~~!!!!

まぁこのパンフ、金を払って入手した割に先日発売された音楽と人のインタビューとまったく同じでしたね。そんなことあります~?あるんですねぇ。

音楽と人は自担のページしか読んでいなかったので、途中まで気付かなかった。

だからもう既に揉まれきった案件だったんだと思います、はい。

 

 

 

CDTVでも

関ジャニ∞はどんなバンドですか?」と聞かれ、みんな口を揃えて

「自分たちはバンドじゃないので」とか。「アイドルの武器のうちの一つ」言ったりしていたので、きっとメトロックをやったことが逆に彼らにアイドルとしてのアイデンティティを確立させたのかなぁと。

 

 

マルの

「バンドはどうやってもごまかしがきかない」「喜びも悔しさも悲しみもみんな、そこに出てくる」

っていうのと

自担ちゃんの

「このグループじゃなかったら(中略)こんな気持ちにもなってなかったやろうね。」「そういう気持ちも共有しながら、一緒に何年もやって、いろんなことを乗り越えてきた人たちだからこそうまれたものがあるんじゃないかな」

 

というのを読んで、

バンド演奏が、今の彼らのありのままを表現するにはふさわしい表現方法だと思っていること、

一緒にバンドという共通の作業をしてきたからこそ今の忠義ちゃんが、エイトがあるんだということもわかったし、納得できた。

彼らがただの「やりたい!」「かっこいい!」という憧れとかの気持ちでやっているのではなくて、グループを客観的に見ることができているからこその発言なんじゃないかな。

 

忠義ちゃんの上記の内容に加えて、cutでエイトに関係の深い著名人へのインタビューが載ってましたけど、

いきものがかり水野さんの

「やっぱり歌だけじゃなくてお芝居をされてるメンバーがたくさんいらっしゃるから、(中略)それをどう表現したらいいかって常にいろんな場面で考えてるでしょうから。その引き出しがうまいんだと思いますね」

という内容。

 

水野さんの提供曲はバンドではないけど、メンバーそれぞれのほかの活動が音楽にも生かされているんだなぁと。もちろん演技だけでなく、きっとダンスだって相乗効果だと思うんだよね。

 

ジャニーズWebの企画で、ヨコが「トランペットを始めて、それまでやっていたパーカッションにも活かされることはあった?」という質問に

「ある」と回答していたので、

ぜひメンバー全員に「ダンスをやっているからこそバンド演奏に活かされることはある?その逆は?」と聞いてみたい。

きっと全く別物だと答える人も、影響を与え合ってると答える人も、両方いるんじゃないかなぁ。忠義ちゃんはダンス曲やフリーに動く曲でもドラムの音を聞いている感じがするね。

 

私はきっとこれからもずっと、ダンスを踊っている忠義ちゃんとドラムを叩いている忠義ちゃんを比較して後者を好きになることはないとは思うけど、それはわかりやすい二つの姿があるからであって。

 

で、触れずにはいられないのですが錦戸くんの「7人が唯一カッコよく見える瞬間はかろうじてバンドしてるときにあるような気がしてて」という発言はんんんんんんんんんんん~~~!?!?!?考えものですね!!!!!!って感じですけど。

 

 

あ、あとパンフの話に戻るんですけど、メンバーをジャムに例えると?

が丸一日読んでいても飽きないくらい楽しかったです!!!!!!

もうめんどくさいからここに書かないけどww

 

そしてスプーンを突きつけられて不服そうな顔してる自担、私の性癖ど真ん中っす!!!!押忍!!!!!!!!!!

 

 

 

 

で、レポというほどでもないですけど大阪まとめです。

前半バンド部分ほとんど何も書いてないよ^^

 

 

 

21

この日、QRなので大して期待してなかったのにまさかの神席降臨!!!!

きっと今回のツアーで一番の良席となってことでしょう。

くそたのしくて、記憶があやふや^^

 

「今を楽しめ!」という感じでダンス曲もアリトロも堪能できた(´∀*)

 

そんな海馬崩壊な中でも印象に残っていたこと!は!

 

 

とりあえず、忠義ちゃんの左手の甲にボディシールの青のSみっつ

 

・生きて

マイク向いてないけどモニターに分割で映るからか?

 

・奇跡の人

「介護し合おうな~」で見つめ合い、そのあとすばるのパートの時に小刻みにゆらゆら顔を揺らす安倉ちゃん。

マイクを上下にいやらしく擦る安田くんに「めっ!!!」って感じで手を叩く忠義ちゃん。

お姉さんだなぁ><

この感じ既視感あったんだけどいつのなにだっけ・・・・・・

 

MC

梅田変わったねトークわからない

マルの妹の話

「ええ女やな」「ばか俺の妹だぞ」アイドルグループのメンバー同士でこの会話になるのすごい

 

「やっぱ女の人は身長気にするんかな」という安田くんに

「まぁそれはあるやろなぁ」と返す忠義ちゃんw

どんな気持ちで言うのそれ~~~(明らかな曲解)

 

JAM LADY

登場で安倉ちゃんふたりでこしをゆらゆら、忠義ちゃんが客席を覗き込むように上半身を屈ませて安田くんと同じくらいの身長になるwww

で、「じゃむれいでぃー!」で安田くんが右手、忠義ちゃんが左手指してひええぇぇぇぇぇぇなんて自然すぎるシンメ感んんんんんん!!!!!!!!!

ヒナの「高まる脈が~あーはん」で安田くんが左手、忠義ちゃんが右手を上げて煽る!なんでそう自然に左右対称になるんだよやっぱろもともとは一人の人間なのか?きみたちは????

宝刀!黒糖!!!!で忠義ちゃんが安田くんの股関を指す、安田くんも自分で指すwなんだろうこのおふざけ本当にかわいいな

 

DONAI

ヒナラップのときにステージの端から端まで走って、下の観客をよいしょ!って感じで煽る安倉ちゃんかわい~~直下の人生きてますか~~!?!?!?!!?

 

sorry sorry love

イントロで三馬鹿登場、みんなにハンドマイクを支給するんだけど、やたらとみんなにこにこ?にやにや?しながら配置についててめっちゃかわいかった~~~!!

 

WASABI

大好きな「連れ去ったっていいじゃん」が真上通過で見えなくて残念、

でも大好きな「抱きしめたっていいじゃん」ってダンスはないんだけど、忠義ちゃん自分のことをぎゅって抱きしめてたの!かわい~~~いとし~~~!!!!!!!

 

・えげつない

「よー!やす!あれどこ行きました!」札幌もこれだったし私が見た大阪は全部これだったはず。地味な変化w

「足元に敷いたろか?」の言い方は完全に「そんなことしないよ。(byヴァレンティン)」だったwwww

あと「手絞りって言うし!」とのとき音源もだけど毎回笑ってるwそんなにツボなのかなw

「実家から出直せ」、ではなく「やりなおせ」だった!なんだそのマイナーチェンジww

安田くん「俺の真似して金髪にしてるけど!?」

ヒナ「今日は上手に出来ました、昨日はむちゃくちゃやったんでw」

 

Never say never

センステに登場し、「そーあーいしーん」で衣装のジャケットの襟をへろんへろんってしてたのがかっこよかった

そして通った~~~~!!!!!やった~やった~!!!!!反対側向きざまにこっち見るのが大好物(^-^)さいこう(^-^)

バクステから外周用のトロッコ乗るのなんだかやけに大股でかわいいwそして途中からちょこんとしゃがみ込んで運ばれる姫~~!!大丈夫か~~~~!???!!

サビ前の低音は1回目はウインクが定番だね!かわいい!あいどる!!!!

2回目はへとんへとんにトロッコにしゃがみこみながら気だるげにカメラ目線、それもまたよし^^

 

・ナントカナルサ

このへん埋もれであんまりよく見えないなぁと思っていたら、私が埋もれていたのではなくて、忠義ちゃんが屈んでいたのだった!給水して、イントロが流れた途端すくっと立って煽り始めて、キツイだろうに、、、よっプロ根性!っと思った><

 

・今

二回目サビ前の「ほ!ん!と!さ!」で躓いちゃう忠義ちゃん;;

 

・純情恋花火

オリジナルダンス!可憐~~~

 

捌け際で「愛してるぜっ!」軽いw

 

 

22

この日は手の甲のシールがSSSじゃなくなってた;;

 

・生きろ

口パクしていなくて残念

 

MC

体重の話

おととしのリサイタルの時が75キロで一番太っていた忠義ちゃん

体重増えすぎて体を痛めて安田くんに過保護に扱われていましたね><

 

ヒナが54キロと聞いて

54キロだったら同じ体重の人いっぱいいるんちゃう?」

忠義ちゃんまじ失礼^^^##

 

強く強く強くの時に一番鍛えていておっきかったどっくん。

「タイトル通り()かわいい

 

ヨコ「ジャニーズってみんな細いっていわれるよ」

忠義「細い人多いよな」

マル「実際会うとしゅっとしてるって言われる()

と、このあたり懐かしいおでぶさん3人構図

ヨコはもう細い人側だと思うけど・・・・

 

人間ドッグの話で、ヨコが「胃カメラは『オエッってえづきますよ~』ってタイミングで本当にオエってなる」と話すとそれを聞いて「オエっ」ってなっちゃう忠義ちゃんww

後ろを向いた忠義ちゃんの顔をすばるが覗き込むも何も言わず

「なんかせえよ!()

 

・奇跡の人

安倉ちゃん、ちょうど一直線に並んでいいるのが被って何をしているのか見えず(ω`)

 

JAM LADY

登場で、しゃがんで棒におててを乗っけてたのかわいかった!

安田くんは立ってて、いつもと高低差が逆というなんて画になる安倉;;

宝刀!黒糖!煌々!でお互いの股間を差し合うやすくらちゃん

中学生男子感がすごい~~~~安倉ちゃんをとなりにしてくれてありがとう><

身も心も~でおてて広げてぷかぷか泳いでるのは幼稚園生!もも組さんかな!はーい!

 

・罪と夏

キスマーク飛ばす南風で必ず投げキスしてくれるところに忠義ちゃんはアイドルになるために生まれてきたんだなぁと涙する

アウトロのわなわなダンスはヒナがあんよばたばたして暴れるので忠義ちゃんも真似しておっきな体でばたばたしてたのが可愛かったぁ。。。。。

 

DONAI

「暗い顔はよしなよ~」で背中合わせのはずが、忠義ちゃんが安田くんに後ろから腰を持って立ちバックの姿勢に。

体感1分だよね、こういう自分の妄想みたいなものが目の前で現実に繰り広げられて時ってw

てかダンスがかっこよくて、かっこい~!って終始言いながら見ちゃう。

とくに「ほらいい顔してる」のときの顔も首の角度も手も足も背中も完璧すぎてこれ忠義ちゃんのためにポーズでは!?!?!?!?!って感じw

終盤のていきゅーていきゅーのキックするところとかマジかっこいい~!!!

どないは見るたびに好きになるなぁ。バクステで見てみたいなぁ。

 

・キングオブ男

やっぱフロートに乗りながらも足を4番にするのが好きすぎて下手でよかった・・・ってなる。気まずいパートは両手でボルトみたいにモニター差して、一緒におてて出して、胸押さえてきゅーんってやってたの!!!!ヲタクの真似かな!?!?!!?!?かーわーいーいー

 

・なぐりがきBEAT

イントロで腕組んで仁王立ちなんで

ドアをあーけるだけ!がやたらと高い蹴り。元気アピールかな^^かわいい^^

 

・えげつない

イントロヲタ芸どっくん、思わず見るほど最初やる気無かったw

すばるとフロート乗ってやってくるとき、忠義ちゃんうちわもって仰ぐ仕草をするんだけど、移動なんかされたらそれどころじゃないよねww仰いだらみえないじゃんww

あとここの乗り込む時かな?頭振って髪の毛をふぁさふぁさ~ってしてたのがあまりに大型犬でたまらなかった><

 

ラップ前センステ移動するときにジャンパー半脱ぎになって肩が露わに・・・・・!!!

「よー!やす!あれどこ行きましたァ?」でここ!ここ!って感じで右手を上げてアピールしたり、

「コロコロかタウンページ足元に敷いたろか?」ってしゃがんで、安田くんがそれを右足でえいって蹴ってたのかわいかったw

安田くんのラップを聞いてる間はおてて組んでぷんってしたり、両手に広げたり。

「金髪にしたことあったけど~むしろ今も金髪!?」で不服そうに頭を触ったり、

そしたら安田くんが「錦戸のファンサやファンサ見倣え~」だって()

おわったあと、ソファにぐで~んて座る忠義ちゃん、家みたい^^みたことないけど^^

 

never say never

映像で札幌の名残のスーツに対し「乾いてきた」←()

サビ前はやっぱりウインクで、自分のパートでずれちゃって「まちがえた()あざとい

 

 

・今

終わりの捌け際、右に居る安田くんの肩を組んで、安田くんは丸山くんにも肩を組まれて、安田くん背の高いふたりに挟まれて無理やり腕を回すw

よい大山田ですね^^

扉が閉じるときにスパイダーマンポーズをする忠義ちゃん、真似する安田くん

 

・純情恋花火

おでこ全開ぴっかーん

パートがないからお暇な忠義ちゃん、この日は横をちらちら見ながらジュニアの真似w

間奏の両手を前にちょんちょん、後ろにちょんちょんってやるのかわいいなぁ~

花火が打ち上がってすばる?が「たまや~まつや~」とか言うのに「松家ちゃう()」ってちゃんと突っ込む忠義ちゃんw

 

・パノラマ

自担のパートじゃないとあんまりモニターを見ない民なので、これの最初がりょくら山田三馬鹿なのを初めて知った()顔、、、ド可愛いですやんか~!なんでこれ見逃してたんだ~~!!!!!わしのばかばか!!!!

 

・青春のすべて

浴衣の左腕のとこを膜って二の腕むき出しw

くちびるくんだったかな?のボディシールが^^

忠義ちゃん大サビパート、お目目うるうるさんでファルセットがぶれぶれに^^;

まぁここは泣いてなくても毎回出辛そうw

前髪ファサーって前側にえいえいって持ってきて、お顔隠そうとしてるの~~~~そんな可愛いことあるかよ><

そしておでこ隠してくれてありがとう

 

 

 

 

 

23

 

忠義ちゃんグローブとお怪我疑惑問題

 

 

  

 

 

Traffic

音源はものすごく好き、バンド曲の中で一番押せると思ったのに、なぜか生だとしっくりこず。背景の「Baby in the car」とか「volume」とかいう英字が妙にダサくて(あぁこれも忠義ちゃんが考えたのかねぇ・・・・)と妙な気持ちになる。

けど友達にすばるカメラ目線パートがかっこいいと聞いて見たら、わたし的には「お姉さん」より「お疲れ様です」の顔がよかった!かっこいい!毎日仕事終わりにに言われたいナてへ★(ちょろい)

 

NOROSHI終わってセンステ移動するとき最初忠義ちゃん以外の6人で歩いててまじ悪夢蘇ったねPTSD;;

 

MC

楽屋に子虫が沸いている話

すばる「どこの現場に行っても一匹いますよね。季節的に、きっとずっと同じ奴がずっとついてる

安田「誰か臭いんか」

忠義「誰か臭いとか言ってる()

すばる「きっとチップが埋め込まれてて、ずっと誰かを・・・近未来的に・・・」

忠義「監視してんの!?」

ヨコ「その件はわかるんだけどヤスが『誰か臭いやん』って()

忠義「監視っていう言葉を言ってるのに、くさいって・・・」

 

ヒナ「無理すんなよ、」

安田「暫く黙っときます」

ヨコ「ヤスにもっと喋って欲しい!なんか生まれるもん!」

忠義「おれもー!」

 

忠義「ヤスなにしてたの?」

安田「お茶食ってた」wwwwww

忠義「ライブ終わってからお茶っ葉噛んでたんやなぁ()

 

安田くんのお姉ちゃんの「およそ3人いる」()子供の話

忠義「何歳?」

安田「年齢で分からへんから学年でいい?小5、小2、小1。」

忠義「そこで年子なんや」

安田「最後の最後にね()

 

安田の姪っ子がヨコを好きで、

いつもお母さんと寝ているのにヨコと写真を撮ってもらって、その日は横山くんの写真を抱いて一人で寝ると行った姪っ子ちゃんの話に

忠義「将来スケベになるね

 

番宣がへたなマルに怒るヒナをなだめたヨコ!いいヨコヒナ(/ω*)

 

・24時間テレビが収録の話

忠義「普段から喋ってるんだからどうせなら撮ってもらったほうがええんちゃう?」ひどいw

 

JAM LADY

22日と同様、棒におてて引っ掛けてしゃがんで妙に輩っぽい登場w

ヒナパートの「あーはん」は昨日はお休みしてたけど、21日みたいに二人共両手で煽り、この日は二人共左手だったかな!

そして煌々!で最後腰つき出しが加わりました~!!!!!拍手!!!!!!!

 

DONAI

ヒナラップいくときに忠義ちゃんが「ふはは!」って魔将軍みたいな笑い方してたの個人的に笑った

「暗い顔はよしなよ~」の安倉ちゃんは、忠義ちゃんが安田くんの肩に腕を組んで乗せて正面を見る感じ

基本的にイレギュラーな動きをするのは忠義ちゃん側なのねw

これからどんな変化があるか楽しみだなぁ~。。

 

・キングオブ男

ロッコから縦花にぴょこん!って降り立つのが妖精

キン男で気まずいを真似したりが好きなのに、ノーアクションだった。。

 

・なぐりがきビート

イントロでぴょこぴょこ飛んで一回転するのがかわいかった~~!!!女児~~無邪気~~~!!!!!

 

WASABI

tornパート、元気コンの札幌以降1回もまともに見れてないなぜならどんなに我慢しても体が勝手ににヘドバンをしてしまうから

まじでこれcan’t stop me案件すぎる名古屋では今度こそ絶対に見る・・・・・・・

でもその瞬間わたし一人でゲラゲラ笑って楽しい・・・楽しい・・・・・ってなる

 

・えげつない

ロッコに乗り込んでへとんへとんになるも、忠義ちゃんに肩をポンと叩かれ立ち上がるすばる。えっっっっこれがすばくらってやつなんですか・・・・・・・・???????(初めて見たような顔)

コンサート中でそんなやりとり見たことなかったから驚いた!いや、私が見て見ぬ振りをして記憶から抹消しただけなのかもしれないけどww

縦花に降りて、「酸い~も、sweetも」でふわっと踊っちゃってたのがかわいかったw

安倉ップ、ヒナに「まずはこの二人~大倉忠義ヴァーサス安田章大~」って言われて安田くんがすこしせり上がってる円形のステージに片足乗っけて膝におてて置いて正面向いてて、忠義ちゃんもそれ真似して同じポーズ下の!これ、昨日一昨日もやってたのかな!?めっちゃライバル感出ててかわいかった><

 

やっぱり「よーやす!」で、「どこ行きました?」で安田くん両手で自分の事指してここ!とアピール()し、「見えへんかった」で頭もたげてしゅーん!かわいい!

「すべてが散らかってるあまえんぼ~!」って横揺れしてふわふわ歌う忠義ちゃんただただかわいい

安田くんラップは腕組んで仁王立ち、「カレーのおかずに天丼ってなんやねん!」で「何がおかしいの?」みたいな顔して両手広げて、

「いつまで経っても張ってる食い意地」で忠義ちゃんのお腹ぽんぽんする安田くん。

まるで「お腹が『張ってる』」みたいじゃない><><><><><>不謹慎ですよね><><><>けどかわいい!!!!!!!!!!!!!!!!!!

「俺の真似して金髪にしてるけど、」で違うし、みたいな顔して、どんどん困り顔になってしゅーんな忠義ちゃん、死ぬほど可愛い。国宝として保護しましょう。歌い終わりにはくしゃっと笑顔で安田くんの事指差して終わり()かわいい()

ソファ座る前に上着を脱いで腕掛けの部分にちょこんと座って給水。上着の渡し方さえイケメン!!!

で、ヨコのラップの時かな?なんか安田くんがソファで変な動きし始めて、ヒナと忠義ちゃんもそれ真似してたのカオスすぎてw

 

 

てかえげつないラップ毎回違って楽しい!!!!!まさに最高でえげつない!!!!!

サマサマみたいに全公演DVDにいれて欲しい~~~~~~~!!!!!!!!!!

 

 

never say never

また自分のパート歌えなくて「間違えちゃったそんなかわいいあざといだけど笑顔で許されると思うなよ許すけど;;顔に弱い;;;;;;

歌終わり水分補給して聖水霧吹き~~~~!!!!!上手~~~~~~~~~~!かっこいい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

昔すばるがやってぴょろぴょろぴょろ~~~って感じでダサかったのを思い出しだけどw忠義ちゃんそんなことも上手にできるの~????だいすき♥♥♥

・ナントカナルサ

安倉すれ違いで、安田くんが忠義ちゃんの左胸をとん!と叩いてお顔見合わせて笑顔^^

 

 

・今

終わってすぐ上着を脱ぐw インナーのボーダーかわいいよね!!

ヒナが拍手~ってやってるときに、安田くんに話しかけて、安田くんイヤモニ外して聞いてあげて、ニコニコ

それからも安田くんの肩に手を添えたり、捌ける時安田くんのお尻をもみもみしたりwそこの右からマルも安田くんの肩を組んで、また安倉ちゃんでスパイダーマン

 

・純情恋花火

ジュニアのまねっこさん

 

・青春のすべて

自分のパートの途中でイヤモニ外して歌う。めちゃめちゃ爽やかな歌なのになんでそんな眉間に皺寄せてしかめっ面で歌ってるんだろうって思ったwww

 

 

 

最後はける時

マル「本当は一緒にお風呂入りたいよ~~~~」頭がおかしいw

安田「俺の裸見て欲しい~」

忠義「今度混浴行こうよ!」「混浴でもいいからさぁ~~!」

テンションがおかしいですね

 

今回はいつもの冬のツアーだとオーラスになる大阪が二箇所目で新鮮だった、

ただ会場内が暑くて暑くてメンバーもへとへとだったのでかわいそうだったかな・・・

 

 

 

 

っと、やっと書き終えましたが今日はこれから名古屋!

今日は茶髪の忠義ちゃんですね♥♥

ハードなペースで変化する忠義ちゃんの髪の毛、頑張って生きてください!

 

エイタメジャム札幌初日を見た。

いやぁ始まった始まった。ツアーの季節だねぇ~。

札幌初日というのはもう何回目だろう?いつもなかなかスムーズにいかないんだよね、札幌。

けど今回は夏だしね!雪こわくない!

って思ったら鬼のように暑かった!

 

忠義ちゃんの髪型問題も大変ドキドキしていていましたけど

なんでこう、いつもグッズと違うんだろうw

金髪でブリーチしたて?で最早白髪。

 

てか呑気に空港でアイスとかラーメンとか食べていたら、思いの外グッズが並んており(初めてのクレカ決済、絶対現金オンリー列の方が早かった)、 廊下でHigh spiritsを聞き、入場したら勝手に仕上がれでした\(^o^)/

やっぱり札幌日帰りって慌ただし~~~!

どんなオープニングだったんだろう笑

 

ということで中途半端なレポで~す!いつものことながら忠義ちゃんしか見てないですね、ほとんど!

 

・宇宙に行ったライオン

あぁ、ワイらにメトロックをヲタクにも見せたかったのか!ロック好き評価された俺たち、こんなんでしたよってか?

というかまぁなんかこの辺は心ここに在らずなぜならばダッシュして汗だくだったから お前らの胸の奥~~~!とか言ってた安田くんをモニターで見たら頭で火事が起きたのかもしれないくらいのチリパーで思わず爆笑

 

・ヒナのいつもの

男声出てるかー?とか女声出てるかー?でずっとズンズン太鼓を叩いている忠義ちゃん。これ毎回間延びしてだるかったからナイスアイディアだよ!!!

 

・象

ドラムがせり上がってるし、モニターで上から写るの、良いじゃん!

 

・traffic

かっこいい~~~大好き!けどバックの映像がダサすぎる無くていいって思いながら見てたwwwwあれ忠義ちゃんが考えたの?変なの~。そしてやっぱりコンサートで聞くとなると、パートが少ないのが気になり始める(笑)

 

・生きろ

忠義ちゃんの「いつか、わからなくなって~」の歌い方と声と顔が切なすぎる儚すぎる嫌だなにもわからなくならないで痴呆になった忠義ちゃんなんて考えただけで泣いちゃうよ

 

・挨拶

忠義ちゃん「今日はみんな来れてよかった(・∀・)」

あ~~~~~~わたし去年欠航で来れなかったんだよ~~~。ほんと来れてよかったの忠義ちゃんはいつもちゃんとそういうこと覚えていて、言ってくれるよね!ほんとまめね

 

・侍唄

弾き始め間違えてきょどって照れたり、「君の心の声を~」ってカメラ目線のどっくんがかわいかったな

てか元気コンでやったんだよなぁこれ。アルバムに入ってるからやらない訳にいかないんだろうけど

 

・夢への帰り道

ん?なんかあんまり記憶がないなw これだったかわかんないけど曲始まる前、ちゃかちゃか太鼓を叩いていてかわいい忠義たん  あかちゃんというかおさるたん♥

 

・Tokyo holic

これ、去年東京で聞いたときに、札幌初日で聞いたらどんな気持ちなんだろうって思ってたんだよね。なんなら東京だから「Tokyo!」なんだと思ってたからねw 東京以外で聞く、東京中毒かっこいいなぁ。 モニターのテロップは去年と全く一緒だった。 人により~の音程がぶれていなくてホッ^^

 

・SEVEN転びEIGHT起き

これは音源で聞くよりライブで映える曲だ~!勝手にとかもそうだよね。

大きい会場で、観客が入って、ノッて、一体となることで曲が完成するのがユニコーンさんには見えていたんだろうなぁ。長年やってるバンドはすごいよね。ていうかヨコヒナのあーこのーあーそのーがサイドのモニターにそれぞれ二人の撮りおろし静止画が写るんたけどそれがかわいすぎて、「かわいい……かわいい…………」と呟いていた

てか書いててふと思ったんだけどこの流れでagreeかdiveでもやればよかったのにww

 

・NOROSHI

火が!すげえ~~あつそ~~~って思ってたら熱かったらしい(「火傷するわ!」byすばる)

あら控えめなのねガールズで安定の被爆

まっもーるべき!とか象の2番とかで、ドラム早く連打?するとき(太鼓の達人だと黄色の長いやつ)にめっちゃ姿勢がよくなるの、かわいいよね

 

 

縦花をちんたら歩いてセンステに移動するみんな。ちまちまちゃん

ヒナ「こんなことになるとは、松竹座の頃は微塵も思わなかったね。

忠義ちゃん「バンド組んでなかった」

↑あ!?!?!?!?!すばるBANDは!?!?!?!!?!黒歴史かよ!?!?!?!?!!?

 

スパイターマンinLAの話

ロバートダウニーJr.を知らないすばると大ファンの忠義ちゃん

すばる「なんかロバートって人が………」←(笑)

質問しないといけないことがあるのに、小声で「大ファンです」と伝えた忠義ちゃん

ヨコも知らなかった

忠義ちゃん「アイアンマンの人だよ!?」

ヨコ「見てないから」

忠義「アベンジャーズは!?」

ヨコ 「見てない」

忠義「なにその見てない方が偉いみたいなの!!」⬅拗ねてるかわいい

 

マルの映画

ヒナ「すったもんたがあったからなぁ!?」⬅笑

台本読みあわせを演出家さん、宮川大輔さん、市村正親さんか来て丸山家やった

 

どっくんのドラマ ヒナがなんか役名で呼んでたのかわいかった!録画してあるし見よっと。

「嫁の妄想が、エスカレートしていきよる」

どっくん「今日はもし間に合ったら見てください。あ、見逃し配信もあるんで!」

忠義ちゃん「Huluにあったもん!⬅Hulu会員かよ抜かりなくかわいい

 

・奇跡の人

フルバージョンらしい

どんなテンションでやったらいいのか本人たちも分からないらしく、観客もヘラヘラ笑いながら見てた(笑)

なんか歌詞が私みたいなヤバイやつはだめですっていう感じで悲しくなった……。朝から晩まで人の悪口…………。。。。。。

忠義ちゃんの「上から目線で何でもいうな!」に対して山田が「俺を支配するなー!」(曖昧?)ってワキャワキャしてるのめちゃめちゃにかわいくて大興奮しましたとさ

そしてサビ、上手側でおとなりさんで距離が近いね安倉ちゃん近くにいる君に会いたいね!!!!!!!!!!!そうだね!!!!!!!!??!!!!!!!!

 

 

 

そして!こっから!!!!! 私からしたら(本当の)コンサートの始まり!!!!! あーーーーよかった!!!!!全部バンドで、終わっちゃうかと思ったよ!!!!!!

いつものコンサートの前に流れる注意事項?的なやつが流れて、そのナレーションで「もうバンドセットは撤収アイドルだ!」的なことを言ってて血圧ガン!上がったわ

よっしゃいくぞ!!!!!!

 

 

・JAMLADY

上から出てきたよア~~~!!!!!一番左安倉ちゃん隣やんけ~~~!!!ヨッシャ!ヨッシャ!!!スーツテッカテカだな!!!!!!

みんなで「女神様!」「やば!」とかいってるのかわいい死ぬ(語彙力)

ペンラ持って騒ぎたい私vs双眼鏡でガン見したい私の最終決戦

忠義ちゃんの♪すぐ彷徨う俺にメロメロ~でハート♥飛ばしたし、

エロテロリストで髪を掻き上げるところで咲いた~~~(バンギャ)

だってもうここモニターをスクショしてトレーディングカードにして売って欲しいそしたら500セットコンプするわってくらいすべての表情がかわいくて綺麗で~~~

キターーーー(゚∀゚)!のどっくんの周りに集ってるエイトかわいいし、エイトが 「えいと!」ってみんなで言ってるし、 grind♪でうねうねグラインドしてるのも最高だったしじゃーーー!!!!

  

・罪と夏 おみずのアーチの下を歩いてセンター~バクステに移動 メルヘンかよ!!!!!!スプラッシュマウンテンかよ!!!!!!!!!

こないだのカラオケもあって、誰も見てないのに(これは振りに違いない………!!!)と思ってくっそ踊ってしまった(笑)

 

・どない

どななないいいいどないどないどない~~~~~。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。

最高死んじゃうかわいい わたしゃあなたに年中夢中だし!!!!

月から金の出口のない迷宮から助け出されてテイキューされたし笑かされたしいい顔しちゃうよそりゃかわいいもんこんにちは土ナイの世界・・・

ヒナのラップの後でオーイェー!してるメンバーも最高だったなぁ仲良しさんじゃんもうなにクラスメイトかなんかかな?

 

・キングオブ男

忠義ちゃんは下手の外周へ。

面子なんてもう関係ねえ~で一人なの寂しいよぉ。 気まずいの手組むとき、両手伸ばして人差し指でモニター差してた忠義ちゃん、かわいかった~!去年は一緒に手組んでだし、きまずいも好きなんだね^^

 

・なぐりがきBEAT

沸いてくーるって、マル隣にいないのにちゃんとちょろちょろんってやったし、サビも腕を大きく回していたし、最後のステップを縦花派手に移動しながらって手をはら~んってするのもファンに見られるために綺麗に丁寧にやってた!!!!!素晴らしい!そして穴に消えてった!!!

 

・Jr.

全員もうわかんねーなーやっぱついてたのかーとまったり見ていたら 真鳥!!!!!!!!じゃん!!!!!!!!!! 真ん中で一回転して抜かれてどや顔決めてるの!!!!!!ねえ!!!!どんな気持ち!?!?!?!松竹の頃からエイトの後ろにいて、今エイトのファンの前に立つの!!!!!俺ここでがんばってます感!!!!!!!!!!!私は自分でも驚くくらい感動した!!!!!

 

からの! Jr.時代の三馬鹿連発…………死ぬわ……エモみがえぐい

 

・Answer

登場から、スポットの当て方から、衣装から、ステージのセリの動き方から、

全てが「ここは松竹座かーーーーーーーー!?!?!?!?!?!?」

と叫んで大草原を駆け回ったよね脳内の私が

真鳥の流れもあってなぜか号泣wwwwwww

三馬鹿担さんって松竹座から見てる古株たくさんいるし、もうその人たちのこととか考えたらさ・・・君ら尊いよ・・・尊すぎるやい・・・ てか、三馬鹿って長く自分を応援してくれる人がいるって分かってるところがいいよね、古株やり甲斐があるよね!!!一方俺の嫁はry

 

ノスタルジア

横花の先端?にいるじゃん!黄緑!黄でひらひらといえば!!!!!松竹座がすぎるだろ!!!!

てかなにそのダンス!!!!土屋太鳳!?!??!?!あなた土屋太鳳だったの・・・・!?!?!

もう目が離せない最高。センターに四人集まって踊るのも最高。みんな忙しかっただろうにちゃんと全員完璧じゃんきっと合わせたの1回とかなんでしょ年功積み過ぎか君たち年下愛おしい尊い

なんかもう今からオーラスのこと考えて哀しくなった。。。一生ノスタルジアやってほしい

しかし、♪わすれもののような響き~で高音がでなかった忠義ちゃん。 音程はまだしもでなくてそんなんなっちゃうのメンバーであなただけだよ(^^; 青春のすべてでもなってた。今後高音出すのびびっちゃいそうだな~可哀相だけど酒の代わりにスロートコート飲む生活でもしてがんばってね(^^;

 

・sorry sorry love

イントロで観客全員爆死

フリ変わってるし!!!!安倉センター大勝利!!!!!!!

JUKEで札幌に来たときのことに思いを馳せる。 あ~~~Bブロだったな。あのときはさ、成田と羽田間違えて大変だったんだ、わたし。 って、んなこたぁどーだっていいんだよ!!!!

こんなタイミングでソリソリ聞けると思わなかったし

 

WASABI

わさび~~~!!!!! ドッヒャーーーー!!!!!!!あのライブ、映像化してないから(意訳)、これ踊ってるの残るのウレピー゚+o。。o+゚♡゚+o。。o+゚♡゚

私は元気の曲ぜんぶアンインストールしてるから、こないだおとももちがカラオケで歌ったとき無理すぎてびゃあびゃあ騒いだんだけど、これで昇華でき・・・・!!!!

元気コンとは逆向きにムビステが後ろに向かって進行。 tornのところ、やっぱり頭を振らずにはいられない病気、治ってなかった

 

・えげつない

一言で言えば萌えがえげつない!!!!!!

えってか何?君たちはかわいい星から来たかわいい星人のかわいい教のかわいい教祖様ですか!!?!?!?!?!!?!?!?!!?!?!?

イントロでヲタ芸して、 すばると一緒にトロッコに乗ってやってきたのでうちわで扇いでやったwwwww

 

安倉

コロコロかタウンページおに敷いたろか!って、しゃがむ忠義ちゃん、そして噛むというかリズム遅れ?てへらへらしてたw

おい大倉!なんじゃおいこら!でめっちゃ変顔で煽る安田くん

 

あ・・・・お前金髪なってるやないか!写真送ってきたよな?

俺似合うってるって確かに言うたで♥ファッキュー♥

 

はああああああああああああああああああほんっとかわいいな!!!!!!ばらされて照れ笑いしてたし????????もう全てが散らかってるのは我々の脳内ですやんか・・・・。。。。。

君たちは!どうしてそんなにかわうぃーーーーーーーーの・・・・

 

てかさラップがね全部モニターが二つに分かれてて、それぞれのメンバーカラーで枠が囲われてて、歌詞が流れて出てくるんだけど、本物を双眼鏡で見るかめっちゃ迷った><

そして自分のターンが終わると別々のソファに座って乗ったり煽ったりしてるの♥きゃわいい

 

よこすば

音源通りで真面目な二人wwwちゃんと歌詞通りの顔もするし、噛まないし真面目だから安倉ちゃんがいかにふざけてるかっていうw

 

ほほえみ

マルの胸ちょーんってしたり、ほっぺべろーんってしたりなおりょんさん。

なんか言うてみい丸山ァアアアアアアア!!!!!!が想像通りで笑ったw

 

からの、夜行バスで西と東~の動き意味不明すぎてめっちゃ笑ったし、サビの振りがかわいすぎてアイドルすぎてみんな絶叫してたwwwwwwいやぁあれは可愛すぎる本当に頭がおかしくなるくらいかわいいよ

 

・映像

元気のロシアンルーレット的な。スーツで横並びのメンバー、7個扉があって突っ走って扉ぶち抜くとうち1個があつあつ?どろどろ?風呂になってて、今回はなんと忠義ちゃん・・・!!!!!!!

よかった。大阪初日行けないけど大丈夫だ・・・・・。でもワサビ結構何回も当たってたよね^^;

「ねばせいねば….(泣き顔)」←かわいい

 

・Never Say Never

天才のお友達安田くんに与えられた難しいパートも受験勉強の甲斐あってきちんと歌えました拍手~~~!!!!!ちょっとタイミングずれかけたけどセーフで~す!!!!!!!

サビ前の低音のカメラアピール位あざとい!!!!いいぞ!!!!もっとやれ!!!!!!!!!!!!!

なんかアリーナをトロッコで移動しまくってて追うのに必死だったwwww

 

・ナントカナルサ

ひええええ元気コンじゃん!有名人の提供曲だから入れたの?じゃあスキマも入れたら??

てか2回目なのにバンドじゃなくてよかった!バンドでやりそうなのにバンドじゃなくて驚いたランキング第2位だもんね(1位はニズム象)

忠義ちゃんの動いてるアリトロも後半は元気とほぼ一緒じゃん・゜・(ノД`)・゜・元気オーラスで入ったのと同じ席で入りたい(叶わない夢)

  

・前向きスクリーム

しゃかりきに踊る安田くん見てた?見てたよね?見てたように見えたからこれは見てたな!

 

・今

 

フルバージョン感謝感激雨嵐

そうか、これが最後に来るのか~。一番予想と違ったところかも!

 

 ・拍手するやつ

ヒナ「最初のバンドでもついてきてくれて子供エイターに大きな拍手~!」

忠義ちゃん「怖かったねぇ?」

私(このまま終わるんじゃないかと怖かったよぉ~(;_;))

 

 EN

・純情恋花火

浴衣キタ━(゚∀゚)━!マルのエゴサの賜物ですね!!!!!!

花火あがるし、金髪だけど髪型同じ感じにびしょびしょだし、ほぼ十祭・・・。

立ち位置は一番右

ジュニアの振りを真似するどっくんと、完全オリジナル妖艶盆踊りを披露する忠義ちゃん

 

・パノラマ

いきなりぴょこんとポーズしたと思ったら、まさかの浴衣パノラマwwwwwww浴衣で外周でパノラマってなんだよw

 

・ズッコケ男道

浴衣でこれ、はだけそうなのにはだけないね!そりゃそうか!

 

・青春のすべて

マルいいこと言ってた~!去年の忠義ちゃんとはちがうわぁw

また声が出ない忠義ちゃん・・・2番の同じところ、どっくんも出しづらかったみたい。

 

 

 

と、飛行機の都合でこの辺で退場w

エイトー!はしなかったけど心でみなさんと手を繋いでいました。。。

 

 

 

 

とにかく弾丸で慌ただしかったけど楽しかった!

QRに関してはひとまず可もなく不可もなくみたいな席だったのでよかったw

今後発券してめっちゃ喜んだり、悲しんだりなんてことがあるのだろうか。

 

 

で、構成に関して。前半後半でがっつり分けるの、コンサート自体分けちゃえよと思ったことは何度もあったけど、これはたしかに斬新。しかも途中でアナウンス入っちゃうし完全に切り離してるんだね。

シークレットトークであのすばるがBlack of nightのことを「今関ジャニがこういうのっをやったらいいと思うと思って作ったんじゃないか?これが今の関ジャニ。」と言ったり、メトロック後「関ジャニ∞ってどんなバンドですか?」と聞かれると、みんながぼくたちはバンドではない、何個もある武器のうちの一つでと言ったり、、だんだんと「バンドをすること」に対しての思いがメンバー同士一致してきたんじゃないかと思う。各々が別の方向を向いている時の音と、明らかに違うもんね。

そう考えるとメトロックが関ジャニ∞にとっての天気であったことは間違いない。きっとどこかで一度立ち戻って考えないといけないことだっただろうな。

けど、あの事務所だからやりたいこととやらされることがあって、いくらそれがメンバー内で一致して至って、思うような方向に真っ直ぐは進めないんだろうと。じゃ、それはどっちだろうね?個人的には意外にも後半みたいなことをできるんだというのを推して行きたいんじゃないかと邪推しています。

 

ま、私は思いっきりバンド<アイドルなので、後半本気愛です(^_-)

分量としては後半の方が多かったからよかったかな!

正直、前半は今後の公演どうしようか悩むくらい冷めてるw

ゆりちゃんの誕生日アンケートではドラムが、バンドが好きという大倉担のほうが多いようだけど、少なくとも私の友達は後半だけでいいんじゃないかなw

順番が逆じゃなくてよかったよ。でもなんでこっちにしたほうがいいと思ったの?やっぱり後がバンドだと帰るヲタクがいるとでも?ww

 

あとMCが少ないな~~~。今日は本人達にも飛行機があったからかな?かなりさっぱりしてたけど。大阪連日公演では恒例に昨日の夜何してんたんですかトークが聞けるとイイナ♥

 

いやーーーーまぁとにもかくにも、始まった!夏だ!ワッハッハー!

9月までひとつひとつの公演を悔いなく楽しみたい!楽しみだ~~~!!!!!!

蜘蛛女のキスの千穐楽まで駆け抜けた自担を見た。

世間は関ジャニ∞ニューアルバム『ジャム』一色ですが、今日は6月18日に迎えた蜘蛛女のキスの千穐楽についての記事です。

本当にバタバタでやまだかつてない多忙週間だったんですよ(言い訳)

いや~~忙しかったってのもあるんだけど、書いちゃうと終わるような気がして向き合う心の余裕が無かったというのが正直なところ。けど公式のHPも消滅したことですし、千穐楽公演についての感想及びその後の出来事を含めた振り返り総括を書こうと思います。レポとは言えないです。

 

 

千穐楽公演

モリーナは「いつだって主役よ?」のポーズで笑ってしまったり、

「夢見る変態は私よ?」でいつもと違う変な動きをしたり、

紅茶を運ぶところで零して「滑っちゃったじゃないw」ともきゅもきゅ不可思議な動きをしたり、

背中を拭いて笑い合うところで「あはは、うふふ、えへへ、おほほ」などとおかしな笑い方をしたり、

ヴァレンティンはコンデンスミルクやバターで手をべとべとにしてペロペロ舐めたり、

背中を拭いてもらうシーンの次でTシャツを着そびれたのか上半身裸で毛布に包まっていたり(ラストにとんでもないドエロ爆弾を落としてきた)

 

アドリブというかわかりやすいイレギュラーはこれくらいだったけど、ふたりの空気感がリズム感、視線の行き交い方等が素晴らしかった。今日で公演が終わりなのが勿体無いと思ってしまうくらい。短いよね、蜘蛛女。初日は若干空回りではないけど力んでいるような緊張感があったけど、この日はそういった変な力みなどはなく、自然体のヴァレンティンとモリーナがそこにいた。

 

私的涙腺刺激 ポイントはやっぱり、体を拭いて貰って笑いあった時の暖かい雰囲気とそのあとのBGMが途中からマイナーにかわるとこと、あとはラストシーン。

モリーナの面会シーンでヴァレンティンが一人悩んでいるところは泣いている人も多かったようだけど、私は泣くというよりも、心臓が締め付けられて苦しくなる感じだった。あ、前の方の近いところで見たときは可哀想で泣いたw

だから私はどっちかっていうと、ヴァレンティン個人の感情の動き、仲間への思いや苦悩よりも、二人が離れ離れになるとか、終わるっていうことで泣くんだなって。感情の動きを自分の頭で考えるからこそ、自分がどういう事象で涙腺が刺激されるかもわかる、そんな舞台でしたねっ!

 

・カーテンコール

3回目で両手を頭の上までか掲げるガッツポーズで扉に帰っていった忠義ちゃん。

4回目のカテコで再度登場し、上手から演出家の鈴木裕美さんが登場し3人でご挨拶。

 

いっけい氏

「本日を持って、ヴァレンティンの中の人を皆様にお返しします。」

 

これ……いかに観客が大倉担だらけだと感じさせていたかw

ツイにも書きましたが、大倉忠義さんが我々のものだったことは一度もありません!

しかしジャニの舞台は往々にしてそうでしょうが、二人しかいなくてしかも男でラブシーンとなると、ヲタクのみなさんすいません、という気持ちがあったんですかね。

フォトコール時にも「1日ファンのみなさんと変わってあげたい」なんて仰ってたし。(忠義ちゃんは考えただけでも嫌だと思うw)

 

忠義ちゃんの挨拶

「ありがとうございました。いっけいさんがどうしても一言と言いたいことがあるっていうことだったんでちょっと、構えてたんですけど(笑)。

そうですね、本当に、初めてのストレートプレイということで鈴木さん(裕美さんだったかも)に教わって、いっけいさんに支えられながら無事に千穐楽を迎えられることができました。

鈴木さんもいっけいさんも僕が演劇を嫌いにならないようにと気を遣ってくださって(笑)

嫌いになるどころか大好きになったので、また大倉忠義としてではなく違う人間としてみなさんとお会いできるのを楽しみにしております。えー本当に、ありがとうございました。」

 

もつもつしたしゃべり方で、鼻を触りながらへらへら笑って、まるで昔の忠義ちゃん。さっきまでフルーツケーキぶん投げてキレ散らしてた奴の中の人とは思えない・・!!!私たちの元に、ではないけど、おかえりという気持ちになった。

演技を嫌いにならなかった、とのこと。それを聞けただけで満足。

稽古前、途中の雑誌のインタビューでは「自信がないから怒られたい」とか言ってて気合充分なのはわかったけど大丈夫なの?と思っていたので、我々のみならず身近な人も同じ心配をしていたんだなぁとw

きっとドラムだって最初は好きじゃなかったんだろうけど、ちゃんと練習して鍛えて努力して好きになってる。演技もそれと一緒で、良かった。

忠義ちゃんのやっているアイドルという仕事、ひとつのことだけ長けててもだめで、全部のその畑のプロ達の真ん中に立って熟さなきゃいけないし、近い人にも遠い人にも多くの人に愛される才能もないといけないよね。じゃあ、天職じゃん。

 

・大倉くんと高橋くん

毎週末の生放送で初日の前日、千秋楽の前日などで生の声を聞くことができたので、こんなに生放送のラジオがありがたいと思ったのは腸閉塞でオーラスを欠席した時以来だろうか?w

千穐楽前日の放送では、「実感がない。ずっと」と言っていた忠義ちゃん。きっと本当に身の回りに起きていることに実感がないまま駆け抜けてきたんだろうな。

また、終演後であるからこその体調不良エピソードも。喉を傷めかけ、声がでなくなったらどうしようとドキドキしたとか、う~んそんなこともあったんだね。声だけではわからなかったけど、今回の舞台に限らず、忠義ちゃんに限らず、きっとみんな言わないだけで我々の見えないところでの苦労や挫折があった上で、美しいものを成立させてくれているんだよな、と改めて感じさせられた。

そんなこと言うの、忠義ちゃんにしては珍しいんじゃないかな?と思ったけどお母様の入院と飼い犬の死んだ時に、(なぜそんなプライベートなことを我々ヲタクに晒してくれるんだ・・・?)と思った思い出がw

きっと本人の中で美談にするつもりでなく、抱えている不安をオフィシャルにすることで軽くなる、楽になる時期があるのかもしれない。いくらでも一緒に背負いますよ~。

 

 

 ・レンジャー更新

あ、、あの、忠義ちゃんが、見にきたおれたちを誇りだなんて~~!?!?!えぇ~~!?!?! 新譜の中で「お前のファンサはそもそも甘え」と公式でいじられちゃうような忠義ちゃんだけど、相応しいタイミングで相応しい場所で相応しいワードを持ってこれる、そのセンスの良さがたまんないんだああああ~~!!!!

舞台はコンサートと違って、観客ありきではあるけど舞台に立ってる役者が発信し、観客はそれを受けるもの。前の記事でも書いたけど観客は受動的だから。今回は静かだったし「見てる」、「見られてる」の空気がより濃くはなったいたかもしれないけど。

特にエイトのライブはファンとのコミュニケーション的な要素があるので、それに比較すれば、この舞台中に、中の人が観客に思いを馳せるなんてとても意外だった。

ただ公演中に我々から忠義ちゃんに発信し続けたものがある、、、、

そう!終演後のアンケート!

レンジャーで「手紙を読んでるよ」と書いていたけど、公演直後、直筆、忠義ちゃん本人が読むと分かった上で私たちが書く文章の熱量は半端じゃなかったと思う。 Twitterエゴサして読むものとは違ったでしょ?w

あれを受け取った上での「誇り」という言葉なのであれば素直に嬉しい。だって私も書いたけど、きっとみんなあのアンケートに舞台の感想以外に「あなたをずっと応援していて良かった」「大倉くんは誇りです」という事を書いたでんょ?w 私も書いた。毎回。キモいほどに。

 

加えて、「ヴァレンティンとモリーナは幸せだったと思う」、という言葉。

初日前にラジオで「ハッピーエンド」だと言っていたくらいなので中の人の解釈としては終始一貫そうだったんでしょうね。そうでなきゃ、モリーナに自分の最期について聞いているときの涙を流しながらのキラキラ笑顔は出ず、もっと、悲壮感ある終わりになっていたのかもしれない。

明言することが良いとも悪いとも言い切れないけど、大倉担としては本人がそう言ってくれたことでもともと実在しない舞台上の二人を美しく昇華させることができたので感謝しています。

 

・裕美さんのツイッター質疑応答

ファンの多い俳優さんが出演する作品では舞台初心者も多いだろうからということで演出に関する質問を受け付けてくださいました。 私も聞きたいことたくさんあったんですけどこれは野暮かな?これは別に良いかな?とか考えに考えて送ってみましたが、、、まぁスルー案件でしたww

みんな良い質問をすぐに思い付いて凄かったなぁ。

そして裕美さんは次の舞台の稽古が始まっていたにも拘わらず、丁寧に応えてくれる事自体に毎晩恋しつつ、別世界の方とコミュニケーションがとれちゃうTwitterって改めてスゴいな、と思ってみたり。

回答の中で特に印象的だったのは、

所長との面会のシーンと互いの最期を語り合うラストシーンがプイグ自身の戯曲とは異なるオリジナルであったこと、

面会シーンは時系列が巻き戻っていること、

二人が服を脱ぎ着しているのは監房の中でも自堕落になりたくないと思っていたからでは?ということ。

あと、ヴァレンティンが終始裸足だったのは忠義ちゃん自身のアイディアであったということ!ありがたき情報!!!!!

しかし考えれば考えるほど奥が深い。ちなみにこれらを読んだ翌朝、軽率に蜘蛛女のキス戯曲台本アマゾネスでポチりました。まだ読んでません。読んだらそれこそ記憶が吹っ飛びそうだけどwでも私の記憶による2017年グローブ座ver.の台本も完成してますし、比較も楽しめるかも知れない。

 

 

・セックスのシーン及びこの舞台のテーマについて

WSなどで『ジャニーズがホモとセックス!』となれば当然の如く抜群にキャッチーなのでCHICAGOで米倉涼子長澤まさみが椅子に座って股を広げるのと同じような取り上げられ方をしていた。注目されるのは良きこと!

このシーンは決してそこだけ切り取れるものではなく、それまでの流れがあってのことであり、且つ二人の関係性の変化のキーになっているんだけど、実はこれが舞台そのものの大きなテーマでもあると気づいたのは、千穐楽でやっと、だった。

というのも、情事前のサンドイッチを作るシーンでのふたりの会話が私はあんまり一回でスっと入ってきてなかったんだよね。

 

「まだ恥ずかしいよ、あの癇癪。」

「言わないで。」

「いや、苛立ったのは、親切にしてもらったのが嫌だっからなんだよ。君に借りが出来るのが。」

「いい?あたしも考えてたんだけど、あなたが前に言ったこと思い出したの。そういう風に闘争してる時は、人を好きになったら都合が悪いってこと。好きって言ったらちょっと言い過ぎかもしれないけど。でもいいじゃない。友達として好き。」

「そう思ってくれるのは立派だけど」

「ほら、時にはあなた言ってることもわかるのよ?」

「でも俺たち、こんな外の世界に縛られて、少しの間でも人間らしく振る舞えないものなのかな?外の敵ってそんなに強いんだろうか?」

「何言ってるかわかんない」

「俺たちを迫害している連中は、この監房の外にいる。中にはいないだろ?問題は、俺が奴らの洗脳のせいで誰かが親切にしてくれた時に、見返りを要求されないと怖くてたまらなくなることなんだよ。」

「それどうかと思うなぁ」

「それって?」

「誤解されると嫌なんだけど、私があなたに親切にするのは友達になってほしいからよ。それは・・・・・・認める、愛情が欲しいからよ。私の母はいい人で、母に愛されたいから、母を大事にするっていうのとおんなじなの。だってあなたもいい人だから。利己的じゃないし、理想のために命を危険に晒してるんでしょ?」

 

モリーナはヴァレンティンのことを好きでやっているから、見返りを求めていないよ、ということだと勘違いしていたので、「もっと人間らしく振る舞えないものなのかな?」~「それどうかと思う」の流れがピンと来てなかったんだ。

親切にされると見返りを求められることが怖いヴァレンティンと、親切にすることに見返りを求めているモリーナ。でもその「見返り」が何かっていうところに相違があって、ヴァレンティンは支配されること、モリーナは愛情。どちらかというとモリーナはこく自然な母性で、見返りが愛情なのではなくて、愛情故に親切にしてくれるように我々には見えるけど。でもいままでモリーナが求めるその愛情という形の見返りが得られたのは母親からだったから、現実的ではないと思ってたんだろうな。それが、そのモリーナの気持ちを知ったこともあってか一夜を共にすることになる。 私はあのセックスは性欲処理的な意味合いも多少はあったかもしれないけど、モリーナにそれまでしてもらったことのお礼としての行為でもあったんじゃないかと思う。

だから行為後「ありがとう」「俺もありがとう」っていう会話になるのかなと。

「人間らしく振る舞えないものかな?」っていうけど、寧ろ『してあげることに見返りを求めること』こそ人間らしいことであると思う。

 

私が千穐楽の日まで先述の勘違いをしていたのは、はっきり言ってヲタクだからなんだと思うw

ほら、ヲタクって、好きだから応援するけど、見返りを求めないじゃん?(特に大倉担は!)

だからモリーナがヴァレンティンへの愛情を吐露したときに「好き=見返りを求めないアガペー」に直結させてしまったんだよね。

 

 

 

 

ヴァレンティンの中の人を応援するこの気持ちは紛れもなくアガペー

カーテンコールでガッツポーズで戻っていったその背中で、いかにこの舞台が忠義ちゃんにとって大変な挑戦で、プレッシャーで、過酷な稽古、公演であったかをほんの少しだけわかった気がした。

いつだって私がどんなに応援していたからってその仕事の全てを分かることはできないし、私はあくまで見せられているものを見てあーだこーだ言うだけなんだけど、この後ろ姿にずっとついていきたいって思ったし、その逞しい姿を私たちに見せてくれている間はずっと好きなんだろうな、これまでもこれからもずっと目が離せないんだよ~~~。

何かに抑圧されているわけではないけど、いくらお金と時間を使ったって、忠義ちゃんに見返りなんて求めない、恩着せがましく応援してやってるなんて思わない。

それがブエノスアイレスの彼からしたら人間らしくなかったとしても、私が今までずっとそうしてきた、大倉担らしい「愛情」であり言うなれば「親切」であり応援「してあげる」ということ。だって忠義ちゃんが生きてるだけで嬉しいし、前に進み、挑戦し続ける背中を追い続けることが喜びなんだもん。

 

 

 

と、いい感じに(?)舞台のテーマと主演である自担への想いをうまく重ねたところでw、

私の中の蜘蛛女のキスを漸く終えることができそうです。

またこの舞台のおかげで沢山の同じ思いを共有できる大倉担とあって話せたの良い思い出!

終演後みんなで語って食べて飲んでしたの、めちゃめちゃ楽しかった~!

同担最高。 

 

 

 

ついでと言ってはなんですが、書くとしたらここだと思うので…

忠義ちゃんが観劇した翌日に安田くんの俺節を見てきました。

今回の関ジャニ∞舞台3人組コンプリートできてので、嬉しい!

安田くんの舞台は派手で人が多くて、蜘蛛女の馴染んでいたのでまずそこが大きな驚きだったんだけどw

 

歌手を目指して青森から上京し、人として生きづらいほどに真っ直ぐな安田くん演じるコータ。歌も演技も技術は申し分ない完璧で、場数って大事だなって思ったし、観客の多くが安田担だろうに、安定感への信頼がすごかった…。

あとテレサと引き離されるシーンが二回あり、モリーナが所長室に呼ばれるシーンやヴァレンティンとモリーナが離れることに重ねてしまった。

愛し合ってる二人が外的不可抗力で離れ離れにならざるを得ない、それをわかった上で、とか、片方は受け入れている、とかいうのにどうやら私は弱いらしい。

で、自身の初主演舞台を終えた忠義ちゃんはマブダチの命をかけたこの舞台を、どんな気持ちでこの舞台を見たんだろう?(髪まで青くして)(失敗して自分の色になってたけど)

是非感想を、私みたいに無駄に長ったらしく語らなくていいので教えて欲しいです(^_-)

 

 

 

 

あーとー、それにしてもー、ジャム、いいっすね!

別ジャンルの現場が重なっていたりでフラゲしたもののCD聞き込めてないし怒涛の音楽番組&大型特番&WS&雑誌ラッシュにほとんどついていけなくて悲しいです。

この土日で追いつこうと思ったけど間に合うかな?

最早私の頭の中がtraffic jamですよ。私の右の足首駆使しすぎちゃって・・・。

ぼちぼちツアーも始まるし、忠義ちゃんもかなり短髪にされたようですし、切り替えないと。

早くエイトとみんなに追いついて聴き慣れたプレイリストのボリューム上げて心躍り出したいです。

 

蜘蛛女のキスの6月12日と6月15日を見た。

蜘蛛女の12日と15日を見た

 

 

 

時系列が乱れるんですけど12日の感想はこの記事の一番最後に書いています。理由はまぁあれなんですけど。

先にに15日の感想、というか、記憶が整理されてきたので、もう、一個一個突っ込んでいく。

長いです。前の記事で触れているとところは省略。つまりストーリーの要の部分は触れきっているので、くだらないことが多いです。

何故かってこの日、めちゃめちゃ語尾と動作が変わってた。同じ作品とは思えない(大げさ)くらいに…。

 


・「その女ブス~?」「あ、悪い悪い悪い、水ある~?」

今までは攻撃的だったんだけど、変なところに興味を持って気になって話の腰を折って聞いちゃうおばかな少年って感じだったし、それ以外にもモリーナの映画の話を聞いている時の表情のころころと変わる感じも、すごく子供っぽかった。モリーナが話している最中に拍手したり、映画に夢中になって自分の世界に浸りきったりしているのを「理解不能」って感じに傍観しているのも、まだふたりの距離感が縮まっていなないんだなって。

で、モリーナは次の場面のキスを避ける黒豹女の話の時に「おいそれって」って割って入るヴァレンティンを無視するんだよね。なんとなく気を遣わない、素でいられるようになってきてるような雰囲気。

 

・「そんなことしないよ」(←ヴァレンティンむかつくセリフ大賞ノミネート)

それまでとイントネーションが違った。これは気持ちがどうとかっていうよりも、より自然な標準語になっていた。てか標準語で思い出したけど、関ジャニ∞のみなさん普段が関西弁ゴリゴリだから、標準語で綺麗に話すのも大変なのかな?でもそれだけで演技が上手に見えてしまうえこ贔屓。って初日に思ったw

 

・ヴァレンティン妄想劇場(建築家の母親がどういう人か問題&女が男を怖がるメタファーになっている問題)

それまでかなり早口で思ったことがどんどん口から勝手に出ていく、捲し立ててるような口調だったのが一言一言に意味を持たせて、考えながら話している、モリーナに言い聞かそうと、「これが正しい考えだ」と説得させようとしている感じ。一人で暴走しているというのではなくコミュニケーションになってる(成立はしていない、ヴァレンティンが図ろうとしている)


・「あんたの趣味ならちゃんと知ってるよ。あんた、一言も言わないけどな。」

カーテンの継ぎ接ぎの一番ピンクでラメが入ってるところをひらひら~んって触るの初めて見た気がする、最初からやってたかな?


・去勢

腕をぼろ~んっていうのじゃなくて、自分の股間触ってた。これ、この日のマチネから楽までずっとそうだったぽい?まぁ触るの方が見栄えは地味だし珍しくもないけどよりリアルな動きって感じするよね。ちょっと今までのは『演劇感』あったから。死んだ母親がうろついている~のゾンビは無し。

 

・「オペラのこと何にも知らないのね!?」「なんにも知らないんだ!」

自分の好きな物以外に興味がないヴァレンティンへの怒りだったのが、自分の好きなものをわかってもらえない悲しみに変わっているような感じ。きっとモリーナの母親や友達は、こういう話を当然に知っていて、楽しくお喋りできるんだもんね。

 

・「リゴレットに出てくる人殺しよ!!!!!」

モリーナに間接的に「人殺し」と言われ、それまでの勝気な表情から変わり、糸を見失わないように考え始めるヴァレンティン。檻の前にいるときに、彼女が危険だと感じるというのも、そこから上の空に。この2点、初めて気づいた。

恋人、仲間が心の中にいる、自分は殉教者にはなるまいという潜在的だった強い意思に自分で気づく。死ぬために戦ってるんじゃない、生きるために戦ってるんだから、絶望に気づく訳にはいかないのに、抑え込んでいるのに、物理的な孤独が、モリーナの語る映画の情景や、何気ない一言一言で吹き出すんだよね。

そうしてせっかくヴァレンティンが彼女についてべらべら話しているのにモリーナはわざと揚げ足を取るような余計な一言を言いたくなっちゃったり、自分の母の話や恋愛観の話を挟んじゃって脱線したり、でもこの「母のために早く出所する、そのためにはどんな犠牲も厭わない」という誓いをまっとうできないところ、人間味を感じる。

ちなみに股間を弄るところ、下手なので見えず。悔やまれる~!!!

 

・恋人がブルジョワでイケてる稽古事をしていた話

モリーナが「すごーい!」っていうのは、それが「貧乏な地区」で育ったモリーナにとっては憧れのお嬢様な趣味だからだと思うんだけど、そこでヴァレンティンは「続きは明日だ」と話をやめてしまう。それはモリーナの言うとおり「仕返し」なのかもしれないけど、やっぱり彼女の家は他人が羨むようなものなんだと感じたヴァレンティンが自分の中で後に出てくる葛藤を思い出して続けたくなくなったのかな。

 

・ラインストーンを知らなくて一気に話す気が失せちゃうモリーナに対し「ごめん」「ほんと悪かったよッ!」

彼女の情緒不安定が理解できないしイマイチなんで拗ねてるのかよくわかんないけどとりあえず謝る彼氏感

 

・お腹が痛いのに途切れ途切れ映画の話をするモリー

「隠れたよ?ほら」っていう言い方とジェスチャーがヴァレンティンのかわいくて大好き。この時の間、「わかるよぉ~」がひたすらかわいいし、モリーナを本気で心配して背中を甲斐甲斐しくこすこすしてくれるヴァレンティン、根は良い奴なんすよ!!!

これ、セックス、サンドイッチに並ぶ、数少ないヴァレンティンがモリーナに「してあげる」行為なんだけど、この時は相手に見返りなんか求めてないよね。

 

・下痢

「脱いだ?」

「まだだよ」

「脱いだら言って?貰うからね?」

「それ回収しまっす」

「ごめんな、臭いんだろ?」

「何をおっしゃいます」

というセリフが追加に。(レポを見る限りこれもこの日のマチネから?)

「運転手がバスを止めてくれたのでした~」で初日とモリーナが手を振るのも可愛かったけど、やらなくなっちゃった。

 

・ヴァレンティンが俄然弱気

素直に「俺って荒っぽいこと言うだろ?」とかヴァレンティンさんのDVみ。その優しさや素直さ、何も疑わずに心を開いてくるヴァレンティンに、「あなたの政治活動の話は聞きたくない」と初めて明言するモリーナ。そう考えると下痢のシーンは、たしかにそれによってヴァレンティンが弱ったという意味では成功なんだけど、その見えた「弱さ」が故にモリーナが恋心を抱いてしまうというのが皮肉な誤算。安心しきって寝ちゃってるヴァレンティンの幼気な寝顔を見て、ほくろにさわろうとするし。ここで流れるBGMが秀逸だったなぁ。モリーナの切ない恋心のスタートそのもの。

 

・仲間の手紙の話

仲間の死を思い出し、誰にも手紙を書けないことを「悲しいことばっかり」と嘆く。

手を握って、彼女を好きである理由の葛藤を吐露している、ふたりの距離が急接近しているタイミングで引き離されるのが切ない。

 

・看守が扉の向こうに休めのポーズで立っている!?

下手で見て初めての気づくww

 

・ひとりぼっちになったヴァレンティン

豪雨の音を聞きながら何度も胸を叩いてアイデンティティ、尊厳を再確認する。この、切り離された世界の演出すごい~~~。同時に起きていることは同時に見せる。そうでなきゃ舞台の意味はないから。

 


~幕間~



・「お母さん、良くなったんだね?」
ヴァレンティン自身がそれまで外の世界の仲間に思いを馳せていたから出てきたのかな。(保釈のときは、外の世界ではなく癇癪を起こしたこと、「してもらうこと」に耐えられなかった自分を省みているので、面会のことについての話題を出さなかった自分を責める。)


・コンデンスミルクを当てる
「え、一個も出てこないの!?」って引き気味に言ってた。てか「三回のうちに当てて?」とキャピキャピ楽しんでるのに、一個も出ないのって、ヴァレンティンがユーモアを持ち合わせていないつまんない真面目一筋~な奴だからなのか、そんなふざける余裕無いくらい空腹で疲弊してるからなのか、どっちなんだろう。でも言われた通り目を瞑って「ん~?」って考えるところまでは付き合ってくれてるんだから後者かも。

 

・「運がいいわよ!持ってきてくれたもの全部消化にいいから」
自分でオーダーしたのに、隠してるんだよね~モリーナ健気(;_;)


・数日風呂に入っていないのでラインストーン&筆箱にガチ切れ
こないだまで「こっちの使えって!」だったのが「使えよおおあああ~!」になっててかわいい、と思った()。「今日は気難しいω`)」とヴァレンティンの予測不能なわがままにも慣れてきたモリーナ。てかモリーナだって風呂入ってなくて気持ち悪いはずなのに。

 

・「神経が立ってあたまがごちゃごちゃなんだよ」~手紙の口述まで意識が朦朧としていて、口調は変わるが表情に大きな変化はなくずっと夢現、と言う感じ。下手だったので壁があってあんまり良く見えなかったんだけど

「この体がもう痒くないからだよ」って言ってお互いに笑いあう空間は、二人の心が近づいていて温かくて、るのに、BGMがメジャーからマイナーに変わると悲しい現実を思い出させて泣く。

あとモリーナの沸いたお湯に水入れて、タオル浸して絞ってっていう作業がやけに手際が良くて、普段家でもお母さんのために家事とかやってたんだろうなぁと思いを馳せる。同じ官房に入るなら同室はやっぱりこういう家事慣れてる奴に限るなぁ!

 

・朝勃ち
体が綺麗になって熟睡+マルタのこと考えてということだよね。下ネタといえば下ネタなんだけど、こんな空間でもモリーナのお陰で安心して寝ることが出来たってことなんだよね。興奮してすみませんでした。

 

・「この男娼野郎!」「気でも違ったの?」
もともとそういう奴じゃんヴァレンティン。パイプを吸うから好きなんだろぉ~とかからかわれたの忘れたのかよ~!!

 

・フルーツケーキ大破事件
下痢で心を開いた時は素直に自分のことを語ったのに、体を拭いてもらった=
モリーナにしてもらっている」ことに見返りを求められるのが怖くて、支配されるのが嫌!と爆発するんだろう。きっかけ、というより、積り積もってってことなのか。「許してくれるね?」ってすごい、かなりインパクトあるよねぇ。ヴァレンティンのやばさといかにモリーナに甘えてるのがど直球に伝わる台詞。

 

・「うまそうだね?」「ありがとうモリーナ」

このへんのわざとらしさがDVの気質w

 

・「私達は100パーセント、女だから。正常な女だから。」
笑うけど、理解はできないけど、まぁそっか。って受け入れているということかな。物語序盤のヴァレンティンだったらつっかかってたんだろうなぁ、と思うとやはりモリーナが甲斐甲斐しく面倒を見ていてくれたことが影響しているんだろうな。自分が癇癪を起こしたことで立場が下がっているわけじゃなくて。

てか!よくあんなわキレ方して対等で居続けられるなと思うけどwなにがギブアンドテイクだよwwwお前が言うかww

 

・食欲がなくなるヴァレンティン

別棟に移されるかもしれない、と自分が所長に提案したことをヴァレンティンが悲しんでいるのを見て何故そんなこと言っちゃったのかって後悔しているモリーナの表情が辛い。その後悔って、ヴァレンティンが悲しんでいるから、とも、余計塞ぎ込んでしまって組織の話をしなくなってしまったからとも見える。筋としては前者だろうけど。

 

・「いやなことばっかり!」
1
幕のヴァレンティンの台詞のリフレイン。
何かを隠している?悩んでいる?というところまでは察することができるけど、それがまさか自分のことを訊かれていてその葛藤を抱えているとは考えもしない。これ、最後まで分からない。通じないんだけど。
一瞬言いそうになる、ヴァレンティンが立ってて、モリーナが跪いて、喉まで出かけるところがたまらなくて、一番愛してる人に自分の悩みを隠し、偽らないといけない悲しさが辛い。


・セックス
暗い!見えない!落ちてきたパンツとあんよを堪能(考察は千穐楽記事で)

 

・「何も言わないで」「何も考えたくない」

ひどい!!!!


・「分析しないでもらえない?今日だけは。」
これ初日?は「分析しないで~!?」だったから笑いが起こってたけど、モリーナの真剣な表情により真面目なシーンに。

 

・「ん?ん?」「ん!」

新婚の夫婦感TT

 

・歯磨き
右の上の歯
真ん中の上の歯左の上の歯右の下の歯「その人形、男の子じゃなかった?!」(振り返る笑顔がかわいいのに、見えない)→真ん中の下の歯左の下の歯

 

・「どうして男みたいに振る舞わないんだ?」「そのせいで自分がくだらないものだなんて考えちゃいけないよ?」

これ、トランスジェンダーへの理解が広まってない時代背景が見える。最初理解できなかったのは、「同性愛者だから」という意味なのか、「女性だから」なのかがわからなかったから。恐らく話の流れから後者なんだけど、現代の日本で女性だからといって「自分がくだらないものだ」と思うことが(少なくとも私は)ないから、ピンと来なかったんだよね。

 

・「うそだようそうそー!」
無邪気だし、自分の考えが正しいと信じて疑わない、ヴァレンティンが思い描く弱者が誰にも抑圧されないマルキシズムは必ずしも全ての弱者の理想でもあるとは限らないというのが当時の作者自身の考えでもあるのかな、と。これは例えば女性躍進であったり女性の生き方が多様化している現代にも言えることだよね。
それが全ての者の代表の意見であるかのように唱えられることっていつの時代にもあるんだなって。でもここで、モリーナはそれについて詳しく話すのをやめるし、ヴァレンティンに無理にわかってもらおうともしない。結局それは彼女の「考え方」であって、誰かに分かって貰いたい「主張」ではないから。

 

・危険がない
分析しないでほしいモリーナに分析させようとするヴァレンティン。セックスに対しても意識が高い。ここでふたりが共有する思いがあることで同じ方向を向いているような流れに一気になってる。

 

・電話

この最後の呼び出し、看守いなくなかった?

 

・出所が決まり大興奮を抑えられないヴァレンティン

ところでそこまでして仲間に伝えたい、運動の助けになることって何なの??????まぁモリーナに危険は無いと思って話してるんだけどさ。

 

・「あたしにいい事が起きるのはいつ?」

「人生が長かろうと短かろうと全ては一時的なんだよ。何一つ永遠には続かないんだ。」

「ならどうしてもう少し長続きしないの?」

モリーナの今までの報われない人生が見えて胸が詰まるように悲しい。

 

・「君は網で男を捕まえる蜘蛛女だ。」

このセリフ、穏やかな表情で言うのと、舞台の終盤という感じがして、初見の時からすごく好きだった。モリーナに対して言ってるんだけど、このセリフだけは観客に向けて言っているような感じがするからかなぁ。

 

モリーナに約束させる

正面で、立って言うんじゃなくて横に座って同じ視線に居て言うところがめちゃくちゃ良いなぁ~。最初はえげつない上から目線だったのにねw

 

・キス(一回目)

中学生のお互いファーストキスみたいなよそよそしさかわいい!甘酸っぱい!シーブリーズ!青春かな!?

 

・伝言を承るモリー

キスされるまでの間。「さぁ来い!」みたいな無邪気なポーズと表情のモリーナが最高にかわいい。決心した女は強いよね。

 

・「暗号じゃないかと疑ったりしたんだよww」「あはははははww」

今までモリーナこんなに大胆に笑っていたっけ?

 

・「君を殺した」

この言い方、まるでおとぎ話を話しているような口調なのに、表情は涙が溢れていて、そのギャップが苦しい。「俺はどうなった?」で箱をどうぞって指す時の顔が悲しいほどいい笑顔で好きなんだけど、これも下手なので見えないですね!

 

 



 

この日全体的に、ヴァレンティンの台詞がとても落ちいてきたし、シーンによっての変化がより顕著になった。

モリーナとの関係性も、セックスの前後でふたりの口調の変わるのがわかりやすくて良かったと思う。前日の稽古で改めて通しをやったんだろうな。そうやって決め固めずにより良いものにブラッシュアップさせていくような舞台は私は初めて見たので、正直驚きました。鈴木裕美さん独特の方法?それともこういうもん?

ちなみに私が言う今まで見た舞台、比較している舞台とはジャニーズ諸々と宝塚と数回のキャラメルボックスです。それにひとつの作品でここまで複数回見るのはこれが初めてなんだけど。

 

 


で、遡り12日の感想。

 かなり前の方で見ました。迫力が凄まじかった。

当たり前なんだけど、生の息遣いや、洋服の擦れる音、ヴァレンティンがジーンズのチャックを下ろす音、マッチの匂い、暗転の最中の人が動いて起こる風、汗、涙を感じて、「あぁ舞台って、生のお芝居ってこういうことなんだ」って思った。下痢のシーンでちょっと嗅覚に集中してみたけど、流石にうんこの臭いはしませんでした。あと近くで苦しんでいる表情を見たら、それまでは性的興奮を覚えていたのに、なんかふつうに可哀想で泣いた(どちらにせよストーリー関係無くてすまん)

 

私さ、どうしてもコンサートにしろ、今回の舞台にしろ、「その空気感を楽しむ」っていうよりかは、自担の表情が見たくて双眼鏡を手放せない人なんです。そうするともちろんはっきり見えていいんだけど、どこか映像で見ているのに似た感じになる、第三差として傍観しているような感じ。

けどこの日は初めて双眼鏡を持たずに入った。肉眼で見た、五感で感じた「蜘蛛女のキス」はまさに生ものだった。自担が「『ヴァレンティン』として涙を流す」瞬間を共有しているんだ、これは今私の目の前で起こっていることなんだと思うと、間違いなくそこは1970年代のブエノスアイレスだったし、そりゃ第三者であるんだけど、その監房の中に座敷わらしみたいに二人には見えない存在としてそこに居ながら、二人を見ているような気分だった。

もちろん舞台作品は近いからいいとは限らないよ。けど私の場合はその「近さ」と他のお客さんが視界に入らないということでそれを感じた。本当は、どこの席にいても感じられることなんだとうけどね。

てかこの日、入る前は演者か?ってくらい緊張してたんだけど、始まってみたら連れて行かれるがままだったわ~。客は、当然に受身です。

カーテンコールで出てきた忠義ちゃんは、誇らしい表情をしてた。

ところでこんなに長時間こんなに近くで見ていたのは十数年応援していても初めてなんじゃないか?とか思って。ほら、ほかの現場は出ていてもずっとじゃないから。蜘蛛女は終始そこにいるし、終始喋ってるから。そう考えたら(そう考えなくても)忠義ちゃんにとっていかにこれが大きな挑戦だったかがわかる。あー私はずっとこの人を応援していたんだなぁって思って、感激した。

てことで終わったあとすっからかんになり、記憶吹っ飛んでるので特筆すべきレポはありません。

個人的に、モリーナが黒豹の檻の鍵を開ける時の2回と、お腹が痛くなった時の「ドイツのプロパガンダ機構のやつだろ、」がドンピシャで凄かった~!!!あの記憶は一生忘れたくないぞ!!!

 

 

 

 

次の記事は千穐楽、その後の出来事です。いつ書き終わるかは知りません。